遺品整理

不用品回収業者と行政のゴミ回収との違い

行政の大型ごみって、ちょっと複雑でわかりずらいよね?

確かにそうですね
収集日が2週間後だったり
手続きも市区町村ごとに違います。

ほとんどの方が詳しく知らないと思います

例えば来週、引越の方がいます
普段の仕事に追われながら引越の準備をしなければいけません
市役所にいったり、新しいお家の物件や準備、引越業者との打ち合わせ、ネット、水道や電気の切り替え などなど。。。。。。

本当に大変です

それで。。。

。。

ついつい忘れてしまうのが

大型ごみの手続きです

行政の大型ゴミをお願いしようとしたら
手続きが遅すぎたっていう経験がある方が多いのではないでしょうか?

そんな時に便利なのが不用品回収業者です
土日や夜間も対応してくれますし、搬出作業も行ってくれます

オススメの不用品拐取業者は
【ECOクリーン】です

スケジュールにもよりますが最短で当日の対応が可能です
たくさん営業所があるので全国で対応してくれます

そこで今回は「不用品回収業者と行政のゴミ回収の違い」をまとめてみました

\賢い人は使っている/

便利なのは断然、不用品回収業者です

不用品回収行政
回収スピード最短で当日基本1週間先など
自治体によりさまざま
支払い現金大型ごみ収集シール
市区町村ごとに違う
搬出作業必要なし必要
土日の作業OKNG
回収品目基本的になんでも可能リサイクル家電
バイク・パソコンはNG
買取業者により買取も可能買取不可
料金高い安い

>>>壊れたパソコンを買取してもらう方法

オススメは不用品回収業者です
仕事をしている人や時間がない人に便利です

不用品回収をするならECOクリーンへ! 最短で当日査定可能なオススメ業者です とお困りではありませんか? 行政だと市区町村ごとにゴミの出し方が違います。そしてリサイクル家電の処分に対応していないと...

不用品回収業者のメリット


基本的にお客さんの都合に合わせてくれます
リサイクル家電などの手続きも行ってくれるので「引取ができなくて困る」ということはありません

また査定当日に引取も行ってくれるので急な引っ越しなどにはとても便利です

不用品回収業者のデメリット


あたりはずれが激しいです
良い業者さんであれば良心的に対応してくれますが、中にはボッタクリの業者もいます。

料金面でも人件費などがかかるためどうしても行政よりは高くなります

行政のメリット

ほとんどが税金で賄っているので、料金はとても安いです
行政が行っているリサイクルセンターに持ち込めばさらに安く捨てることができます
※市区町村によって対応は違います

行政のデメリット

日時や搬出などが決められているので、融通がききません
また冷蔵庫や洗濯機などリサイクル家電はほとんどの自治体が回収不可です

【徹底解説】リサイクルのプロが教える冷蔵庫を処分する方法5選【無料】冷蔵庫をリサイクル料金なしで処分する方法 無料で処分する方法がきっと見つかるはずです...

不用品回収業者と行政をを比べてみて

まず、行政で対応できるかどうか検討しましょう。もし日程などがあわないようであれば、不用品回収業者にお願いするという流れが良いと思います

行政のほうはもうちょっと分りやすくしてもらえれば利用者にも使い勝手が良いのですがお役所仕事なので文句をいっても仕方がないです

急な引越や退去日が迫っている方は不用品回収業者を利用したほうが良さそうです

オススメの不用品回収業者は?

オススメの不用品拐取業者は【ECOクリーン】です
スケジュールにもよりますが最短で当日の対応が可能です
たくさん営業所があるので全国で対応してくれます

不用品回収をするならECOクリーンへ! 最短で当日査定可能なオススメ業者です とお困りではありませんか? 行政だと市区町村ごとにゴミの出し方が違います。そしてリサイクル家電の処分に対応していないと...
\実際に業者を使った口コミ/
\作業効率をグンッとあげる/

遺品整理の手順

自分で行う

【ステップ1】まずは現状把握
トラブル回避のため全員で下見をしよう

【ステップ2】やる事リスト
無駄な作業を減らすためやる事リストを作成しよう

【ステップ3】スケジュールを作成
「いつまでに片付ける」を決めると日程が組みやすい

【ステップ4】片付ける
片づけにも優先順位があります

【ステップ5】ゴミの出し方
少しの手間で処分料金は安くなります

→ 遺品整理に必要な道具

業者に頼む

【ステップ1】業者の得意分野を知る
1社即決は絶対ダメ!比べる事で業者の違いがわかります

【ステップ2】3社見積をオススメ
ポイントは他業種を含める事です

【ステップ3】査定時にみるポイント
金額だけで判断しない

【ステップ4】比較検討する
最終的な決定は自分で判断しましょう

→ 業者の料金相場と実際の口コミ