独立運営

2021年に独立するならリサイクルショップよりも遺品整理がオススメ!

こんにちわ タケヤンです

今回はリサイクルショップを何年も経営してきて
お店を閉める決断に迫られた理由や

遺品整理の比重を増やさないといけなくなった経緯を紹介します

これから独立するなら
リサイクルショップより遺品整理をオススメします

なぜなら買取件数は年々減っています

しかし遺品整理は需要が年々高くなっているからです

この記事は私の実体験です

今から独立する人にとって少しでも参考になれば嬉しいです

メルカリショックで業界構造が大きく変化

日本で一番のフリマアプリ「メルカリ」

誰もが知っているアプリになりました

やり取りも実に簡単

なのでリサイクルショップが要らなくなりました(泣)

出張買取でお客さんの所にお伺いして査定結果を伝えると

お客さん
お客さん
じゃあメルカリに出すからいいよ

って何回断られたことか…

メルカリは個人対個人の取引です

買取価格だけを見れば
メルカリの方がリサイクルショップの査定より断然上なんです

このメルカリショックで
リサイクル業界は完全に勝ち組と負け組に分かれました

生き残れたのは
骨董みたいに商品知識を武器に取引をしている人

ベッドや大きな家具などネット不向きの商品に力を入れている人です

逆に負け組になってしまったのは

総合リサイクルショップなど
「なんでも買います!」っていう昔ながらのリサイクルショップです

かなりの数のリサイクルショップが
廃業に迫られたり、業態を変えざるをえなくなりました

実はいうと私のお店も
前年比で買取件数が40%減でした

つまり年間約300件あった買取が
180件くらいまで減りました

タケヤン
タケヤン
人生のどん底とはこのことです(笑)

そこで総合リサイクルショップをやめて
不用品回収や遺品整理業に変更する人が続々と現れました

実は遺品整理業界も変化しています

今までは自分の所で請け負った遺品整理はすべて自分で行うのが主流でしたが、最近はどんどんと分業化していっています

参入障壁が低いので自分の強みを伸ばさないと生き残っていけないからですね

家を片付ける専門
遺品整理の買取に特化する
倉庫を借りて海外貿易に特化する

など何かに
特化しているのが最近の傾向です

遺品整理業のメリット

  • 低予算で開業できる
  • 他の業種と相性が良い
  • やり方次第でリピーター確保
  • HPやSNSを使えば集客に困らない

低予算で開業できる

最悪、トラック一台あれば独立が可能です

タケヤン
タケヤン
最初は集客だけに力をいれて同業者に助けてもらいながら仕事を覚えていった強者もいますよ

他の業種との愛称が良い

買取、不用品回収
引越や便利屋などの本業だったスキルを活かせます

自分の持っているスキルで他社との差別化ができます

 

やり方次第ではリピーター獲得

最初のうちは広告費をかけて
新規顧客を捕まえる必要があります

しかしアイデアと少しの行動で
リピーターを上手に獲得して広告費を徐々に減らしていきましょう

実際に私がリピーターを獲得していった方法はこちら↓

【起業】遺品整理で起業 私は行動力と改善で顧客の信頼を獲得しました遺品整理業で独立開業! 遺品整理の数は年々増加しています。参入障壁が低い分、昔に比べたら業者の数が多くなりましたがまだまだやり方次第では稼げる業界です...

HPやSNSを使い集客マシーンを作る!

HPなど勉強する必要はありますが
あなたが寝ていても休んでいても
集客をしてくれるHPは最強の集客マシーンです

今はネットに手順やノウハウはたくさんありますしワードプレスのJINを使えば誰でも簡単にホームページが作れます↓

【体験談】WordPressテーマ「JIN」ブログ執筆に集中できるこんにちわ タケヤンです ブログを作るのって大変ですよね こんなお悩みをおもちではないでしょうか? 2年前...

遺品整理業のデメリット

  • 参入障壁が低い
  • かなり汚れる
  • 最初が大変

参入障壁が低いので毎年のようにライバル会社が現れます

遺品整理で独立するとなると
経費は少なくてすむし、特に必要な資格も必要ありません
※民間の「遺品整理士」という資格はあります

なので毎年の様に新規参入者がいます
中にはガラの悪い人もいます

安心してください
きちんとお客さんに対応するだけで
そういう会社との差別化になります
(挨拶や話し方、雰囲気、作業など)

めちゃくちゃ服や靴は汚れます

これはこの仕事をしていたら避けて通れません

仕事専用の服を用意して
会社で作業用の洗濯機を設置したほうが良いです

リピーターや顧客リストを作るまでが大変

どんな職種もそうだとおもうのですが、初めは大変です

顧客リストがゼロなわけですから仕事がありません

目の前の仕事を大切にしてリピーターに変える努力を惜しまない事が必用です

【起業】遺品整理で起業 私は行動力と改善で顧客の信頼を獲得しました遺品整理業で独立開業! 遺品整理の数は年々増加しています。参入障壁が低い分、昔に比べたら業者の数が多くなりましたがまだまだやり方次第では稼げる業界です...

リサイクルショップ(店舗経営)と遺品整理業を比べて

まず店ではないので常駐するスタッフが必用ありません

自由に働けるので気持ちがとても楽になりました

それに店だとそれなりに人通りがある場所でないといけません

しかし遺品整理の倉庫兼事務所は郊外でも良いので家賃がグンッと安くなります

家賃と人件費
この2大「経費ムシ食い虫」をやっつけることができます

独立するということは固定費との闘いがずっと付きまといます

固定費は1円でも安く抑えましょう↓

【節約】店舗の固定費を見直して年間117万円の削減に成功!経営が上手くいくとついつい上げてしまう固定費、その固定費の呪縛を解く方法は自分で比べて最適なプランに変更することです!今からでも遅くありません...

どんな人に遺品整理という仕事は向いている?

ただ片付けるだけではなく
何か自分の武器があれば強いし差別化になります

骨董の知識
エアコンの取付、取外
行政書士としての知識

私の知り合いで行政書士を辞めて遺品整理士で独立した人がいます

タケヤン
タケヤン
士業の力は強いですね
新規顧客からの信頼は絶大です

遺品整理は大変な仕事です
しかし

故人丁寧に片付けてくれて嬉しい
お客さん家が片付いて肩の荷が下りた
遺品整理業者達成感が味わえる
喜んでくれる笑顔が見れる感謝されてお金までもらえる

遺品整理は力仕事になるので
慣れるまでは大変です

しかし部屋が空っぽになりお客さんの満足した顔を見ると「やり遂げた!」という達成感を味わうことができます

タケヤン
タケヤン
私は今でもこの仕事を選んで良かったと思っています

まとめ:独立するならリサイクルショップより遺品整理がオススメ!

今はリサイクルショップよりも
遺品整理で独立する方がオススメです

なぜなら
リサイクルショップは買取が命です

その買取がフリマアプリに取られてしまったのでこの流れを変えることは難しいです

それに比べ遺品整理の需要は年々増加しています

これからますます
少子高齢化、核家族化が進みます

2030年ごろまで需要は伸びると予想しています

現に私の会社も依頼は年々増えています

遺品整理は小さく始めることができます
それにまだまだアイデア次第ではリピーターの獲得も可能です

この記事が
あなたの独立のキッカケになってくれたら嬉しいです

それでは!