遺品整理について徹底解説!しっかりと準備をして後悔しない遺品整理をしよう!

はじめまして、タケヤンといいます

私は15年前から遺品整理の仕事をしています。今も年間60件ほど携わっています

このサイトでは
  • 遺品整理の傾向
  • 自分で行う方法
  • 業者に依頼するポイント
  • トラブルを避ける方法

を紹介していきます!

特に

お客さん
お客さん
自分達で行うべき?
それとも業者にお願いするべき?

と悩んでる方に「自分で行う方法」と「業者に頼む方法」をご紹介していきます

メリットデメリット
自分で行う確認しながら仕分けができる時間、労力がかかる
業者に頼む1日で片付くこともあるお金がかかる

それでは
まず遺品整理を理解するために

最近の遺品整理の傾向

を詳しく見ていきましょう↓

「遺品整理」って?

20年前は遺品整理という仕事は珍しかった


昔は身内の者が亡くなったら家族が片付けをしていました。20年前は遺品整理という仕事は珍しかったです

それが今はどうでしょうか?

「遺品整理」の需要が高まるにつれて業者の数も増えました。
「遺品整理の仕事」と聞いてすぐに理解できると思います

これは日本の構造的な問題があります

一番の問題は核家族化です

物を売るためにドンドン核家族化を推し進めてきました

そして悲しい事に「人と人との距離」が遠くなってしまいました

そのため「遺品整理」という職業が必要になり今日もどこかで遺品整理士が活躍しています

遺品整理をする理由はいろいろとあると思います

  • 物屋敷
  • 孤独死
  • ゴミ屋敷
  • 多頭飼い
  • 夜逃げ物件
  • 臭いがスゴイ部屋

など理由は人それぞれです

これから日本は団塊の世代が後期高齢者になります。政府は「大きな社会問題だから食い止めよう」と必死ですがどうなることやら…

業界内では2030年まで遺品整理の需要は右肩上がりだいわれています

現に当社の依頼件数は年々増えているのが現状です

ちょっと余談ですが…

この前ビックリしたんですが
50年前の料理本って普通に「6~7人用の分量」なんですよ!

今の料理本は2~3人用が主流です。6~7人用をつくるんだったらもう立派な「大家族」

なんだか時代の変化が読みとれた瞬間でした

遺品整理について「15年のベテラン遺品整理士が思う遺品整理とは?」でメチャクチャ熱く語ってます

詳しくはこちらの記事をどうぞ↓

遺品整理の仕事をして15年のベテランが思う遺品整理とは?  みなさんに遺品整理の事をもっと詳しく知ってもらうために と~~~ても大切な質問を2つします まず初めに ん...

基本的な家のタイプは3つ 気を付ける点が違ってきます

遺品整理では「一軒家」か「マンション、アパート」、「市営住宅」で大きく3つに分けられます

それぞれ注意する点が違います

一軒家」は家賃がかからないため遺品整理が長期化しやすいです。そのため泥棒や害虫などの問題があります
マンションやアパート」では騒音や臭いなどに気を付けて片づけをしなければいけません
市営住宅」では入居時の状態に戻して退去しなければいけません。基本的に後からつけた物は持ち出さないといけません

詳しくはこちらの記事をごらんください↓

亡くなった人の部屋の片付け方法 家のタイプ別に注意点をみるこの記事では家のタイプ別に注意点やポイントを詳しく解説しています。特に一軒家やマンション、アパートなど「これだけは気を付けた方が良い」と...

さてここからは

自分で遺品整理を行う方法をみていきましょう

遺品整理は片づけを始める前が大切

遺品整理では仕分け作業をする前にやる事がたくさんあります

現状を把握するために
まず下見をしましょう。どのように作業を進めていくのか確認しましょう

後でもめないために
関係者全員で集まって形見分けや方向性の話し合いをしましょう

スムーズに作業ができるように
「やることリスト」を作成して何が必要なのかを確認しましょう

日程が決まらないとスケジュールが決まらないので
まずゴール(作業終了日)を決めましょう。ゴールを決めると作業日程が決まってきます

道具がなくて作業中断を防ぐため
必要な道具は前もって準備しときましょう

その中でも遺品整理では「やることリスト」と「ゴールを決める」ことが大切です

遺品整理を始める前に「この二つ」をしっかりと作りこみましょう

これから行う遺品整理が成功するか失敗するかはこの二つにかかっているといっても過言ではありません

逆にいえば
この2つがないと余計な手間や時間が増えます

タケヤン
タケヤン
1から順に行えば自分達できるように詳しく解説してます↓
【遺品整理】初めての方に徹底解説 自分で行う方法・手順・進め方このページをみれば自分で行う遺品整理の手順がわかるようにわかりやすく掲載しています。遺品整理を10年以上行ってきた経験から遺品整理の方法をお伝えします...

遺品整理の道具 絶対に必要な物は袋です

「これがなかったら作業ができないじゃん!」っていうくらい袋は必要です

野球でいったらバットです
バットがなければ野球はできません

サッカーでいったらボールです
それくらい袋は必要な物です

私はいろいろな袋を使ってきましたが
90Lくらいの大きさがちょうど良かったです

45Lだと小さすぎて物がはいらない
90L以上だと物を入れすぎて袋が破けちゃいます

最終的に90Lの袋に落ち着きました

あと袋を購入するポイントとしては
物を入れても袋の外から少しでも把握できる袋を選ぶといいですよ

そして仕分けるコツは

2種類の袋で分けていくことです

当社では

黒色= 服だけを入れる
白色= ゴミを入れる

と決めて分別しています

なぜなら他のスタッフが見ても「服とゴミの区別」がつくためです

もし一種類の袋でしか分けていなかったら全部袋の口を開けて確認しなければいけません

服は資源なので無料で捨てることができます。ゴミと分けることで処分代金が安くなり一石二鳥です

 

他にも遺品整理で必要な道具を紹介しています。ぜひこちらをごらんください↓

遺品整理をするのに必要な道具 12選 片づけを始める前に用意しよう自分達で遺品整理をするのに必要な道具をそろえてみました。これがあれば作業効率がグンッと上がります...

遺品整理に役立つチェックリスト


遺品整理では決断と選択の連続です

ゴミの搬入方法
デジタル遺品の取扱
資源の持込時間や場所
業者に頼む際の注意事項

など注意する点や事前に把握しておけば避けられる失敗もあります

そこで

「こんなチェックリストがあったら喜ばれんるじゃないか?」という思いから3人の遺品整理士が集まって作成しました

無料で使えますのでぜひ使ってみてください↓

遺品整理 生前整理のチェックリストこんなチェックリストがあったら嬉しい! そう思って遺品整理業者3社が集まってチェックリストを作成しました! これから遺品整理...

お金が出てくる場所は決まってきます

お客さん
お客さん
ゴミの中から200万円が出てきたっ!

遺品整理をしていると珍しくありません

特に寝室は要注意です
人は人生の3分の1を寝て過ごしています。「自分の近くに置いときたい」という心理が働くので寝室で良く現金が発見されます

他によく現金が見つかりそうな場所はこちらをクリック↓

遺品整理でお金が良く出てくる場所とは?遺品整理では良く現金が出てきます 私は15年間遺品整理を行ってきましたが何気ないところから現金が出てきます ときどき「ゴミ処...

ウッカリ失敗してしまう「遺品整理あるある」


遺言書は勝手にあけてはいけません
冷静に判断できる時は問題ないですが、いざ引出の中からでてきたら開けてしまう方が多いです。もめる原因となりますので注意が必要です

遺品整理で良く忘れる6点をご紹介してします↓

遺品整理をする上での注意点  忘れがちな6点遺品整理をする上での注意点  忘れがちな6点をご紹介しています。得に「負の財産」については注意が必要です。...

ゴミは分ければ資源です!

仕分け作業にとりかかると膨大な遺品の量に圧倒される方が多いと思います

ゴミは分別をすれば無料で引き取りしてくれる所があります

代表的なのが段ボールや鉄です

資源」は分別して持込をすれば買取してもらえます。また浜屋を利用すればかなりの種類の貿易商品を引き取りしてもらえます

詳しくはこちらをご覧ください↓

遺品をできるだけ無料で引き取りしてもらう5つの方法 こんなお悩みで困っていませんか? このページでは5つの引き取り方法をご紹介します ・買取専門店 ・ジモティ...

物の価値(価格)を調べる

今はなんでもネットで調べることができます

特に型番がある家電製品やオーディオ、カメラなどの中古相場は簡単にわかります

お客さん
お客さん
いったいどれくらいで売れるのか?

遺品整理で出てきた物をスマホで調べてみましょう

オークファンを使えば簡単に調べられます↓

プロも使っている「いくらで売れるか」を調べる方法 遺品整理オークファンを使うことで過去の取引結果から中古相場を予測することができます。貴金属は町の買取店が買取した商品を持ちこむ所です。中間業者を挟まず直接ネットジャパンに持ち込みましょう...

写真をデジタル化する

遺品整理をしていると大量に写真がでてくることがあります

お客さん
お客さん
捨てるには躊躇するけど持って帰れない…
お客さん
お客さん
持って帰っても保管場所がない…

そんなお悩みでお困りではございませんか?

私がオススメしているのが「フォトスキャン」です

スマホで簡単に写真を取り込めます。捨てるかどうか迷っている人にオススメです↓

【遺品整理】たくさんの写真をデジタル化する方法 フォトスキャン遺品整理の写真をデジタル化する方法はフォトスキャンできまりです。パソコンやスキャナを用意しなくてもスマホ一台で簡単です...

さて次は

遺品整理を業者にお願いする方法です

自分にあった業者を選びましょう

ただ家の中をカラッポにするのであれば

便利屋
遺品整理士
リサイクルショップ

どの業者にお願いしても片付けれます

しかし、それぞれの得意分野があります
このことを理解して選ばないと後で後悔するかもしれません

オススメの見積方法は3社に見積をとり「自分で相場を把握する」ことです

ポイントは違った角度から査定してもらう事です

詳しくはこちらをご覧ください↓

【業者の選び方】遺品整理業者へ依頼するまでに重要なポイントを完全網羅遺品整理業者にお願いする方法や気を付ける点をまとめています。自分で遺品整理がでいないと判断したら無理せずに業者におねがいしましょう...

遺品整理の相場

遺品整理にかかる費用は主に人件費と処分費が大きいです

良心的な業者はこの二つを減らす努力をして見積金額を出してくれます

遺品整理の料金相場とは?適正価格や料金の差がでる理由とは?遺品整理業者に片付けをお願いする時に って不安になりますよね? 初めてのことだしほとんどの人が「高いのか安いのか」の判断が難...

遺品整理の料金を安くするテクニック

ただ

お客さん
お客さん
安くして~

とお願いしてもなかなか安くなりません

そこで誰でもできるテクニックをご紹介します

コツは相手(業者)のメリットを考えることです。ちょっとしたことで料金やサービスが変わってきます

このテクニックは
引越や賃貸を決める時にも同様に使う事ができます。この機会に覚えて交渉上手になりましょう

遺品整理を安くするコツや交渉テクニックをご紹介しています↓

【遺品整理を安くする】業者との交渉テクニックやゴミを少なくする方法遺品整理の料金相場はあってないようなものです。なので1社で決めてしまえば相手の思うツボです しかし、ちょっとしたテクニックを使うこ...

電話ではなくメールで効率良く見積を取る方法

営業電話が嫌な人もいるはずです

業者は相見積だとわかると何度も電話がかかってきます

そこで
メールで見積依頼をするコツを紹介しています
たった一文を添えるだけで電話がかかってこなくなります

もっと詳しく見る↓

【魔法の一文】メールを使って効率良く1日で3社に見積をとる方法お問い合わせメールを使った効率良く1日で3社に見積をとる方法をご紹介します。電話よりも証拠が残り、次の見積もり時間になったら嫌味なく営業マンに帰ってもらえます...

悪徳業者の手口 だいたいパターンは決まっています

遺品整理で良くあるトラブルは

  • 盗難
  • 追加料金
  • 不法投棄
  • 買取価格の不正
タケヤン
タケヤン
だいたいパターンは決まっています
遺品整理や不用品回収で良くあるトラブル~こんな業者には気をつけてどれも事前に知って入れば対策が打てるものばかりです。 遺族に寄り添ってくれる遺品整理業者さんを探しましょう...

遺品整理の失敗談 ~30人分の体験談


断トツで一番多い失敗は「自分で行うのではなく業者にお願いすれば良かった」です

どうしても遺品整理では単調な作業が続きます。それに慣れていないと無駄な作業が増えてしまい時間ばかり経ってしまいます

遺品整理の体験談 実際に片付けを行った30名のお話です↓

遺品整理の体験談 実際に片付けを行った30名のお話です ~まとめかしこい遺品 作業効率での失敗談 一番多い失敗は「業者にお願いすれば良かった」です 話し合いが十分でないと...
▼全国対応▼
 \WEB限定割引あり/