遺品整理

遺品整理をする上での注意点  忘れがちな6点

この記事では遺品整理で良く忘れる注意点を6つお伝えします

ほとんどの方が「急に遺品整理をしなくなった」という状況で片付けを始められます

作業や時間に追われての片づけだとなかなか冷静に判断できなくなります。いつもは冷静に判断できる人でも間違った判断をしてしまうのが遺品整理です

一度この記事に目を通しておくと気を付ける注意点がわかります

\賢い人は使っている/

遺言書は勝手にあけない

これが見つかったらまず冷静になってください

遺言書が見つかったら家庭裁判所に提出して
封印のある遺言書は家庭裁判所で開封しなければいけません
相続人や代理人がいなければ開封できませんので注意しましょう

絶対にトラブルの原因ですので遺言書は開けてはいけません

意外と知らない方が多いので注意してください

故人の借金

長年、会っていない実の親や親戚の遺品整理をするのは特に注意が必要です

何気なく処分した
まだ使えるテレビを持ち帰った

ちょっと待ってください!

もしかしたら故人の「負の遺産」謝金を引き継ぐことになるかもしれません

なぜなら…

持ち帰った = 相続をした

と判断されるかもしれません

慌てて遺品整理をしたばっかりに
多額の借金まで相続してしまったケースがあります

司法書士に相談しましょう

全ての財産を放棄する「相続放棄」
プラスの財産の範囲内でのみ債務を引き継ぐ「限定承認」といった方法があります

たとえ親や兄弟でも長年会っていないとどのような生活をしていたのか分りません。借金、連帯保証人になっているケースもあります

あんまりお金のことは話したくないのが信情です
このようなケースでは遺された親族は知らないことが本当に多いです

損をしない!賢い相続はこちら【相続の窓口】
さてここで質問です

あなたは長年会っていない親戚のアパートを片付けることになりました。
部屋に入ろうとすると知らない人から声をかけられました

どうやら親戚の知り合いのようです

実は〇〇さんに、お金を1万円借りていたんだよ

借りっぱなしにしていたら、こんなことになっちゃって、申し訳ない

と一万円をもってこられました

あなたはお金を受け取りますか?

これは受け取ってはいけません

なぜなら他に膨大な借金があるかもしれません。その場ではお金は受け取らず連絡先と名前を聞いておきましょう。

もしうっかり受け取ってしまったら「負の遺産」をすべて相続してしまうことになります

必ず司法書士に相談しましょう

 

賃貸契約書

孤独死などで臭いがついたアパートやマンションなどでは臭いがとれません
荷物の搬出や清掃にはそれほどお金はかからないと思いますが、床やクロスの張り替えなど修繕費に膨大なお金がかかる場合があります

その時に必要なのが賃貸契約書契約時に加入する火災保険です
保険には特約がある場合もあります

臭いが強い場合は業者にお願いする場合が多いです。「賃貸契約書」と「火災保険」を探してもらいましょう

そして書類が見つかればすぐに司法書士に相談しましょう

損をしない!賢い相続はこちら【相続の窓口】

クレジットカードの年間費

結構みなさんクレジットカードを止めるのを忘れがちです
クレジットカード会社に電話して止めてもらいましょう

どこのクレジットカードを契約していたか分らない場合は銀行通帳を確認することでクレジットカードの情報を得ることができます

なので使われなくなった通帳を捨ててはいけません

現金

遺品整理をしていたら現金が出てくることは珍しくありません

屋根裏
着物の中
布団の間
テレビの下
ベッドの下
台所の床下収納

は特に良くみましょう

郵便物

家族が同居していた場合であっても、郵便局へ「死亡の通知」をした時点で故人宛の郵便物はは差出人に返送されます。

親族への転送はできないので重要書類の確認は届け出を出す前におこないましょう

郵便ポストにガムテープを張るのは「この家は不在です」と泥棒にアピールしているようなものです。長期不在の家は空き巣の被害が多いので注意しましょう

少しの防犯対策で泥棒を寄せ付けません
詳しくはこちらをご覧ください↓

【読んで納得!】一軒家、マンション、市営で遺品整理の注意点が違う遺品整理では 一軒家や市営住宅、マンションで注意点が違ってきます 結論をまとめると 注意点 一軒家...

遺品整理の手順

自分で行う

【ステップ1】まずは現状把握
トラブル回避のため全員で下見をしよう

【ステップ2】やる事リスト
無駄な作業を減らすためやる事リストを作成しよう

【ステップ3】スケジュールを作成
「いつまでに片付ける」を決めると日程が組みやすい

【ステップ4】片付ける
片づけにも優先順位があります

【ステップ5】ゴミの出し方
少しの手間で処分料金は安くなります

→ 遺品整理に必要な道具

業者に頼む

【ステップ1】業者の得意分野を知る
1社即決は絶対ダメ!比べる事で業者の違いがわかります

【ステップ2】3社見積をオススメ
ポイントは他業種を含める事です

【ステップ3】査定時にみるポイント
金額だけで判断しない

【ステップ4】比較検討する
最終的な決定は自分で判断しましょう

→ 業者の料金相場と実際の口コミ