遺品整理を安く、早く行う方法をプロが解説!効率良く遺品整理をしよう

こんにちわ

遺品整理歴15年目、運営者のタケヤンです

これから遺品整理を始める方にお伝えしたい事は

それでオススメする方法は

①「まず自分達で片付ける

②「その後、業者に依頼する」です

業者に頼む前に片付けに入ると意外な物がでてきます

親の写真、趣味
コレクション、
大切にしてい物など

特に
あなたに伝えたかった物が出てくるからです

こんなことがありました

遺品整理の現場で会うお客様の中には、故人を恨んでいて仕方なく片付けをしている方もいます

ぶっきらぼうで私たち業者に対しても不愛想な態度を取られていました

しかし小さい頃の写真と一緒にあった手紙をみて態度が急変

十分に愛してくれていた事を知り、業者の私たちの目の前で泣き崩れました

もし

「作業には立ち会いません」

「要るものはありません」

「全部捨ててください」

と片づけを放棄していたら…

この写真や手紙はみれず、ずっと故人を恨んでいたはずです

遺品整理は大切な故人のメッセージです

タケヤン
タケヤン
まず自分達で片付けましょう。その後、業者に頼むようにしましょう

遺品整理は「安い」だけではダメ

遺品整理で安さだけではダメです

安さだけを求めると
膨大な片付けを「すべて自分達で行う」事になるからです

家財道具の事例

家具を処分するには行政の処分場に持ち込めば1番安いです

そのためには家具の荷物を片付けて運び出し、積み込み、運搬しなければいけません

確かにこの方法で処分すれば処分代金は安くなります

業者と比べて料金は6分の1くらいでしょう

しかし自分達だけで行うので
膨大な時間や労力が必要になってきます

普通の一軒家ならかなりの量があるはずです

特に遠方に住まれている方は難しくなります

タケヤン
タケヤン
私のお客様で2年以上かかったケースがありました。時間も考えて遺品整理をしましょう

遺品整理は「早い」だけでもダメ

遺品整理業者に依頼すると最短1日で片付けをしてくれます

確かに「早い」です。しかし業者に丸投げの遺品整理はダメです

なぜならすべての遺品整理業者が良心的に対応してくれるわけではないからです

業者に丸投げは危険

どの業界もそうですが、一定数の悪徳業者がいます

具体的にいうと、追加の高額請求、遺品の盗難、ボッタクリの買取査定、現金のネコババ

ついこないだも遺品整理中に一千万円をネコババして逮捕されたニュースが報道されていました。これは氷山の一角です。毎年のように逮捕者が出ています

それに業者に丸投げすると料金面が割高になり30万円、50万円とかかるケースもあります

タケヤン
タケヤン
そこで私がオススメするのが両方の良いとこどりハイブリッド戦略です↓

「安い」と「早い」の両方がオススメ

私がオススメする方法は両方のいいとこどりです

まず自分達で片付けて
その後に業者に依頼する方法です

メリット4つ

①自分達で片付けに入ることで
貴重品や現金など発見できます

②仕分け作業を自分達ですることで
業者の労力が減り料金が安くなります

③自分達ができる範囲で行うので
気持ちに余裕がでます

④無理せず業者に頼むことで
遺品整理の長期化を防げます

タケヤン
タケヤン
この方法にはデメリットもあります↓

ハイブリット式のデメリット

こんな方にはオススメできません

  • 遺品を見るのも嫌だ
  • お金はいくらかかっても良い
  • もうこれ以上、関わりたくない
  • とにかく一日でも早く片付けたい
タケヤン
タケヤン
こんな方は業者に依頼しましょう

こんな人にハイブリッド式はオススメ

  • 無理はしたくない人
  • 後で後悔したくない人
  • 安く、効率良く片付けたい人
  • 心に余裕をもって片付けたい人
  • 遺品としっかり向き合いたい人
タケヤン
タケヤン
さあ次に自分で行う手順をご説明します↓

まずは自分でやってみよう

簡単5ステップ
  1. どこまでできるか判断するため
    まずどんな状態か確認しましょう
  2. 確認事項や優先順位を把握するため
    「やる事リスト」を作成しましょう
  3. 終了日を決める事で
    必要な人数や日程が組めます
  4. 遺品整理は大掃除や引越と違います
    少しの知識で片付けがはかどります
  5. お金を捨てていませんか?
    上手に買取業者を利用しましょう
タケヤン
タケヤン
特に重要なのが「やる事リスト」です。これを作らずに進めると失敗しやすいです。もっと詳しい手順はこちらです↓

もう迷わない、自分で行う遺品整理 簡単5ステップ

【自分で行う】もう迷わない ~遺品整理の5ステップ自分で遺品整理をする方法を1から徹底解説!自分で効率良く遺品整理をするためには知識が必須です。方法や手順を把握することで無駄な作業がグンと減ります...

そろそろ自分達で片付けるのやめようかな…

と思われたら

無理せず遺品整理業者に依頼しよう

業者に依頼する際に注意点があります

遺品整理業者は現在4000社以上
新規参入が激しいので毎年のように業者の数も増えています

その中から最適な業者を1社選ぶのは至難のワザです

ここで重要なポイントです

業者選びの注意点
  • 複数人で立ち会おう
  • 1社即決は絶対にダメ
  • 相場把握のため3社に見積を取る
  • 3社の中に買取専門店を混ぜる
  • 相手の弱みを知る
  • こちらの弱みをみせない
  • 合格ラインを決めておく
  • 欲深くならない

遺品整理は決まった相場がありません

なのに
ほとんどの方が1社で即決しているのが現状です

相場が無いものは比べないと自分で判断することができません

実際のかかった料金

タケヤン
タケヤン
知識は武器になります。交渉するテクニックを知っているとうまくいきますよ↓

→ あなたにピッタリの業者を選ぶ簡単4ステップ

【選び方】あなたにピッタリな遺品整理業者を選ぶための4ステップ遺品整理業者にお願いする方法や気を付ける点をまとめています。自分で遺品整理がでいないと判断したら無理せずに業者におねがいしましょう...

 

 

 

まとめ:遺品整理を安く、早く行う方法

遺品整理は故人との最期の別れです

片づけをしていたら手紙や写真、思い出の品が必ずでてきます。最後にあなたの大切な人は何を伝えたかったのでしょうか?

片づけ始めたら手が止まってしまうことがあると思います

それでいいんです。その時間が必要なんです

それは故人との対話をする時間

大切にしてください

遺品整理を一言でいうと

遺品整理はただ家の中をカラッポにするわけではありません

気持ちを整理するために遺品整理はあるんだと思います
そのためにまず「自分で整理する事」を強くオススメします

\優良業者の中から選ぶ/
\関西の方にオススメ/