遺品整理

【遺品整理】故人の電動付自電車、ネットで売却するにはどうしたら良い?

先日ですが質問をいただきました

故人の電動付き自転車(購入金額9万円)があります。まだ購入して3か月くらいです。ネットで調べたらメルカリで4万円で売れてるみたいです

お客さん
お客さん
うちでは使わないし防犯登録がついてるけど、このまま出品しても良いの?

という質問です

自分の自転車ならまだしも
故人の自転車で防犯登録がついている自転車の場合はいろいろと疑問がでてくると思います

タケヤン
タケヤン
答えは、譲りうけたり売買する際は必ず防犯登録の解除をする必要があります

自転車は他の遺品と違い
少し手間がかかります

自転車を譲りうけたり売却するには防犯登録を解除して

防犯登録の抹消登録解除の控え」この書類をもらう必要があります

どんな場合でも必ず防犯登録の解除は行っておこう

売却や防犯登録の再登録など
防犯登録の解除を行っていなければ後々、面倒になります

必要書類があれば手続き自体は簡単です
まず必要書類を用意しましょう

交番よりも自転車購入店のほうが親切でスムーズです

防犯登録の解除でオススメしているのは
交番よりも自転車の購入店です

購入店では防犯登録の書類など必ず取ってあります

防犯登録の控えがなくても
自転車のプロですので車体番号や販売記録からすぐに書類を作成してくれます

自分の自転車と故人の自転車では必要書類が違う

自分の使用している自転車を売却、譲渡する場合は

  • 登録者本人
  • 自転車本体
  • 身分証明書

登録者本人が持ちこめば防犯登録の解除を行ってくれます
※親の名義や兄弟の名義の自転車だと解除はできません

しかし、故人の自転車の場合は故人の自転車であること、自分が故人の親族である事を証明する必要があります

なので「死亡証明書」と「親族であるという証明書」が必要になってきます。もし防犯登録の控えがあればそちらも一緒に持っていきましょう

【防犯登録を解除する】

必要書類
自分の自転車・登録者本人
・自転車本体
・身分証明書
故人の自転車・自転車本体
死亡証明書
・身分証明書
防犯登録控え
親族である書類

防犯登録解除後は、すぐに防犯登録できない!?

私が住む地方都市でのことですが
自転車の防犯登録解除後に買取をしました。
状態も良く人気の自転車だったのですぐに自転車が売れました

ここまでは良かったのですが
販売後日に警察の方から鬼のような形相で電話がかかってきました!

完全に私の事を
自転車泥棒と勘違いしていましたね

私の住む所では防犯登録を解除しても
10日くらい防犯登録システムに反映するまで時間がかかるようです

タケヤン
タケヤン
古物台帳とすり合わせてなんとか誤解は解けましたが、この時はビックリしましたよ

都道府県により防犯登録のルールが違う

自転車の防犯登録は
都道府県によりルールが違ってきます

関西のほうでは
防犯登録のシールの上に新しいシールを貼るところもあります
県民性がでますね(笑)

逆に「防犯登録解除の控え」と「自転車譲渡証明書」がないと新しく防犯登録ができない厳しい都道府県もあります

各都道府県に自転車協会がありますので自転車を売却する際は登録してある自転車協会で確認することをオススメします

登録した県でないと解除できない!? 県外をまたぐ自転車の移動には要注意

自転車の防犯登録は県により管理が違います

防犯登録に厳しい県であれば他県で登録してある防犯登録だと、その県で元の持ち主が解除しないと新しい登録ができないことがおこります。

例えば広島の人が東京の人に防犯登録を解除していない自転車をネットで売った場合は、一度、広島の持ち主に自転車を戻して防犯登録を解除しに行き、また東京へ送るというとんでもない事がおこる可能性があります

そうしないと新しい自転車の持ち主は防犯登録ができません

なのでネットで売買する際は必ず防犯登録の解除をしてから売るようにしましょう

東京都自転車防犯協会

大阪府自転車防犯協会

広島県自転車防犯協会

自転車はネットより出張買取が安心

自転車はネットで売ると送料や梱包も大変です。また防犯登録ができず「自転車譲渡証明書」を後で催促されたりします

家具や家電と比べると
自転車を売るにはなかなか面倒です

なので自転車を売るにはネットよりも
信頼できるリサイクルショップに売る方が安心です

オススメは【買取屋さんグループ】です

防犯登録の解除した後であれば
電話1本で出張買取してくれます

遺品整理の手順

自分で行う

【ステップ1】まずは現状把握
トラブル回避のため全員で下見をしよう

【ステップ2】やる事リスト
無駄な作業を減らすためやる事リストを作成しよう

【ステップ3】スケジュールを作成
「いつまでに片付ける」を決めると日程が組みやすい

【ステップ4】片付ける
片づけにも優先順位があります

【ステップ5】ゴミの出し方
少しの手間で処分料金は安くなります

→ 遺品整理に必要な道具

業者に頼む

【ステップ1】業者の得意分野を知る
1社即決は絶対ダメ!比べる事で業者の違いがわかります

【ステップ2】3社見積をオススメ
ポイントは他業種を含める事です

【ステップ3】査定時にみるポイント
金額だけで判断しない

【ステップ4】比較検討する
最終的な決定は自分で判断しましょう

→ 業者の料金相場と実際の口コミ