遺品整理

【業者の選び方】遺品整理業者へ依頼するまでに重要なポイントを完全網羅

お客さん
お客さん
どこにお願いしたらいいんだろう?

初めてのことで業者選びに困っていませんか?
ただ家の中をカラッポにするだけなら

・便利屋
・遺品整理士
・リサイクルショップ

どこに頼んでも片付けをしてもらえます

ですが

・良心的な業者にお願いしたい
・適正料金で作業してもらいたい
・買取査定もきちんとして欲しい

ボッタくり業者は絶対イヤ!!!

という方のためにこの記事では

業者を選ぶコツ」や「ポイント」を押さえて説明します

なので

この記事を読むと

・業者の選び方がわかる
・査定時の注意点がわかる
・トラブル回避方法がわかる
・悪徳業者を選ぶ確率が減ります

なんといっても自分で
相場を把握し「良い業者の選び方」がわかります

この記事は現役の遺品整理士3名が集まり気合いを入れて書きました!!!

この記事をみればもう業者選びで迷わないはずです

 

それではまず業者の違いを見ていきましょう

遺品整理士と他業種の違い

強みどんな人向け
便利屋なんでも回収とにかく急いでる
買取専門店買取キチンと査定してもらいたい
遺品整理士丁寧な仕分け安心してお願いしたい

それぞれ詳しく見ていきましょう

昔から便利屋はトラブルが多いです

ちょっと前まで便利屋は軽トラックで町を巡回していました。

拡声器で

こちらは~ 廃品回収車です♪

ご不~要になったテレビ~ エアコン~ 冷蔵庫などぉ~

ございましたらご連絡ください♬

って聞こえてきたことがあると思います。アレですあれ

「もぉ~、うるさいな~」って思った人も多いのではないでしょうか?

今は法律の改正もありだいぶ減ってきました

あの手この手を変え今でも営業しています

便利屋の良い点はムチャなお願いができます。土日や深夜でも依頼が可能です

良い業者もいますが悪い業者も多いです。この業界に長年いるとトラブルの声を良く聞きます

例えば作業後に追加料金を取る。作業日時が大幅にずれるなど良い評判をききません

なので当サイトでは便利屋の紹介はしていません

買取専門店(リサイクル)の強みは買取!

買取専門店の強みは何といっても大きな家具や家電製品の出張買取でしょう!

地域にもよりますが家電製品であれば5年以内のものであれば出張買取してくれます

気になる買取の金額ですが
遺品整理専門の会社よりも買取価格は高いです

 

最近のリサイクルショップはサービスの拡大として遺品整理を取り入れているところがあります
リサイクルショップの遺品整理は

処理費∸買取商品=お支払金額

になるのでゴミだけを収集する町のゴミ屋さんよりも断然安くつきます

遺品整理士は作業が丁寧です

遺品整理を専門にしている会社はなんといっても作業が丁寧です

探し物があれば1点1点中身を確認して仕分けをしてくれるのが「遺品整理士」です

安心して遺品整理をまかせたい!」という方にオススメです

しかし
作業が丁寧なんだけど他よりも料金は高くなる傾向があります

なので

あなたに合った業者を選びましょう


3つの業種の違いが理解できたでしょうか?

一言で説明すると

・便利屋 → トラブルが多い
・買取専門店 → 買取が高い
・遺品整理士 → 作業が丁寧です

ここで
めちゃくちゃ大切なことをお伝えします

遺品整理は1社で決めてはダメです!
大切な事なのでもう一度いいます

「1社で即決してはいけません」←これ大事!

みなさん遺品整理が終わり
ふと冷静になったときに

お客さん
お客さん
あぁ、もっと良く調べておけば
あんなに高く払わなくて良かったんじゃないの?

と後悔されます

特にこんな方は要注意です↓

よくある失敗

・押しの強い営業は断れない
・時間がないから1社で決めた
・葬儀屋さんの紹介だから安心した

【体験談】私は葬儀屋の紹介で失敗しました

なぜ皆さんは遺品整理の後に後悔していると思いますか?

お客さん
お客さん
押しの強い営業トークで断り切れなかった。一人じゃなく複数で見積に立ち会えば断れたかも。。。
お客さん
お客さん
他県なのでとにかく時間がなかった。事前に調べて見積予約をしておけば数社に見積ができたかも。。。
お客さん
お客さん
お世話になった葬儀屋さんにお願いしてしまった。高かったけど断りずらかった

これらの失敗に共通することは自分で業者を比べなかったことです

遺品整理ではまったく同じ現場はありません。遺品の量、搬出方法などが違ってきます。相場を知らなければ自分で判断ができません

そうなんです

遺品整理は自分で「高いか安いか」の判断できるまで業者を決めてはいけません

なので必ず3社に見積をとりましょう

タケヤン
タケヤン
見積をとるコツとしては1業種のみではなく他業種を組み込むことです
例えば…

✖「遺品整理士3社」

もし価値のある商品があった場合、買取査定に疑問が残ります

〇「買取店2社」+「遺品整理士1社」

買取商品が多数ある場合はこの方法がオススメです

〇「買取店1社」+「遺品整理士2社」

この方法だと料金だけでなくスタッフの人柄などが見えてきます

複数社見積をとることで自分にあった業者を見つけることができます

それでは次に
良い業者と悪い業者を見極めるための「査定時のポイント」を見ていきましょう

見積査定時はココを見ろ!


査定では金額だけ比べると後悔することがあります

そこで
査定ではスタッフの服装、髪型、車の中、言葉や表情などを見ましょう

私がオススメしているポイントは靴です
査定時は必ず家の中に入って見積をします

・靴をそろえない
・靴のカカトが折れている
・自分のだけをそろえて他の靴は揃えない

靴一つとってもその人の性格や人柄が現れます

服装や髪形は見積用に変装することはできます。しかし人間急に「普段の動作」まで変える事はできません

日ごろの言動が悪いと細部までいきとどった片づけや仕分けをしてくれるでしょうか?

なので

こんな業者は避けましょう

・早く契約をするように促がす
・書面にて見積書を発行してれない
・こちらの質問にきちんと答えない
・追加料金の説明がない

良い業者を選ぶチェックリストを作成しました
ぜひ使ってみてください → こちらをクリック

遺品整理 生前整理のチェックリストこんなチェックリストがあったら嬉しい! そう思って遺品整理業者3社が集まってチェックリストを作成しました! これから遺品整理...

これで良い業者を選ぶ方法がわかったと思います

それでは反対に
相見積の際に依頼側(あなた)が注意する点も見ておきましょう

複数社に見積もりを取る際の注意点

・見積は無料であるか確認する
・他社の査定時間の間隔をあける
・さりげなく相見積のアピールをする
・正式依頼はこちらから連絡する

詳しく説明していきいます

見積は無料であるか確認する

ほとんどの会社は出張見積は無料で行ってくれます。ただし悪徳業者の場合は「出張料と査定料は別だ」などと厄介な難癖をつけてくることもあります

電話依頼時に「査定は無料かどうか?」を確認をしましょう

他社の査定時間の間隔をあける

他の業者と見積が重なると営業マンも良い気持ちにはなりません。査定はだいたい30分から1時間くらいで終わりますので余裕を持って日程を組みましょう

相見積のアピールをする

他社にも見積をとっています」っていうアピールはとても大切です

方法はとっても簡単です
例えば

・他の業者のチラシをさりげなくテーブルに置く
・日時を決める際に「14時から他の業者がくるのでそれまでに見積は終わりますか?」と聞く

 

それと
見積をしてもらって他社との値段の開きが大きい場合は注意しましょう

こういう会社は他社の見積金額を見たとたんに、その金額よりもちょっと下の金額を提示してきて何が何でも仕事を取ってこようとします

そのビジネス根性はスゴイですがみなさん良く考えてください

安くなった分のしわ寄せはどこに行くのでしょうか?

それは現場の作業スタッフに行きます

安い料金 = 作業の質

に反映されてしまう可能性が十分にあるので注意が必要です

それとあまり教えたくないのですが…

営業マン泣かせの方法があります

遺品整理の営業マンは他社の金額がとても気になります

どうにかして金額を聞き出そうと必死です。何気ない会話の中や査定中に他社の見積のことを聞き出そうとしてきます

あなたが口を滑らすまでもうめちゃくちゃ頑張ります(笑)

もしあなたが他社の料金を言ってしまったら残念ながらあなたの敗けです

営業マンはその金額よりも少し安い金額を提示してくるでしょう

もし口を滑らせずその会社から見積をとることができたらあなたの勝ちです

その会社は他社に負けないように綿密に計算しギリッギリのラインで金額を提示をしてくるはずです

この方法を使うと「その会社の仕事に対する取組みや姿勢」が見えてきます

タケヤン
タケヤン
これは営業マン泣かせの方法です。なので僕の会社では使わないで欲しいなぁ…   なんてね(笑)

正式依頼はこちらから連絡する

正式依頼はなるべく自分で連絡するようにしましょう

査定後に必ず見積業者から連絡がきます。まだ決まっていないようであればその旨を連絡しましょう

他社に決めたのであればはっきりとその旨を伝えましょう

正式依頼した後のキャンセルは
キャンセル料金がかかる場合があるので注意が必要です

特に作業当日のキャンセルは100%のキャンセル料金がかかる場合があります。作業日時の変更がある場合は前もって連絡しましょう

業者の特徴や見積時の注意点が分ったところで、オススメの見積方法のご紹介です

迷ったら買取専門店で見積をとろう

まず同じ業種にだけ見積をとるのはオススメしません

私のオススメは

①「買取専門店」
②「遺品整理 A社」
③「遺品整理 B社」

の順番です

お客さん
お客さん
ん~、でも家の中には買取できるようなものが見当たらないけど。。。

本当にそうでしょうか?
例えば、金歯、骨董、絵画、時計、楽器、趣味用品、工具、スマホなどは買取できます

PRTIMEの統計では
1世帯あたりの平均かくれ資産は69万4,099円あるといわれています
参照 PRTIME

なのでどんな遺品整理でも
買取のプロの「買取専門店」に見積をとってもらう価値はあります

買取専門店のオススメは「遺品の整理屋さん」です
遺品整理に特化した出張買取を行っています。最短30分で見積に来てくれるので急な依頼でも安心です

それではオススメの業者さんを紹介していきます

オススメの業者

ランキング1位

遺品整理では「自分の物ではないので価値がない」と勝手に判断してしまう可能性があります

ほとんどのお客さんが買取できる商品を見て「これも買取できるの?」ってビックリされます

買取できる商品としては金歯、金縁メガネ、三味線、琴、印鑑、昔のおもちゃ、ブリキ、ダビング用ビデオデッキ、お菓子のおまけ、銀の優勝カップ、カメラ、ミシン、茶道具など

「遺品の整理屋さん」ではいろんなジャンルに出張買取してくれます。電話をかけて最短で30分で見積に来てもらえます

捨てる前にプロに査定をしてもらうと意外な物がお金に化けるかもしれません

評価
業種買取専門店(リサイクルショップ)
出張可能地域札幌・東京・神奈川・千葉・埼玉・静岡・山梨・長野・新潟・愛知・三重・京都・奈良・大阪・兵庫・広島・福岡
\最短30分で出張見積/

詳細ページ

ランキング2位

「ちょっと臭いが…」「他人に見られるのが恥ずかしい…」「ゴミ屋敷になってしまい手が付けれない」

こんなお悩みで困っていませんか?
ゴミ屋敷バスター七福神におまかせください。どんなゴミ屋敷でも対応します!

ゴミ屋敷の片づけ件数は他社に負けません

長年の経験と知識をフル活用して、ご近所さんにも迷惑をかけないように細心の注意をはらいながら作業いたします

評価
業種遺品整理士
出張可能地域関東、関西、東海地方をカバーしています
\ネット限定割引10%オフ/

詳細ページ

ランキング3位

「不用品回収」「遺品整理業」「便利屋」「引越」「買取」の専門業者が集結!
得意分野を使い地域最安値に挑戦中です

相見積大歓迎!
他社の見積を提示するとそれよりも低価格で作業できます

とにかく安く済ませたい人向けです

評価
業種遺品整理士
出張可能地域東京、埼玉、千葉
\地域最安値に挑戦中/

詳細ページ

次に実際に電話ではどんなことが聞かれるのかを見ていきましょう

地域ごとのランキング

広島の遺品整理業者ランキング

業者目線でのランキングになっていますので参考になるはずです↓

【広島】現役の遺品整理士が決めるオススメの遺品整理会社 3社広島で遺品整理をする方法!まず「遺品整理屋さん」で買取を中心に見積、その後に「蔵乃屋」、「かたづけじょうず」に見積をすると失敗する可能性を極端に下げることができます...

電話して見積日時を決める


電話でのお問い合わせをされる方が多いのでここでは電話での問い合わせについて書いていきます

電話で聞かれること

・名前
・住所
・連絡先
・見積もり日時
・現場の状況
・作業日程

トラックの駐車位置やエレベーターの有無、共有部分がある場合は養生の必要性を伝えると良いです

作業当日の注意点

遺品整理では見積もり時に作業当日の立会の有無を聞かれます

遺品整理では必ず立ち会いをしましょう
なぜなら、一度全部みたはずでも見落としがあるかもしれません

例えばベッドの下、屋根裏、台所の床下収納、家具の後ろなど大きなものは動かせない場合があるのでなかなか確認することが難しいです

また必要、不要の判断も現場スタッフではできないこともあります。
作業中に関係者がいなければ勝手に処分されてしまう可能性もあります

もしトラブルに巻き込まれたら


もし遺品整理でトラブルに巻き込まれることがありましたら、国民生活センターに連絡して相談しましょう → こちらをクリック

トラブル回避方法

・必ず書面にて見積書をもらう
・見積もり時に追加料金の確認
・スマホで依頼電話の会話を録音
・査定時の会話を録音
・作業スタッフの動画をとる
・車両ナンバーを控える
・名刺、チラシをもらう
・ホームページで会社所在地の確認

動画や写真はさりげなく撮りましょう

まとめ:【業者の選び方】遺品整理業者へ依頼するまでに重要なポイント

どうだったでしょうか?
これであたなも業者の選び方が理解できたと思います

遺品整理は人生で何回もあることはありません。故人ががっかりしないような遺品整理をしたいですね

捨てるのちょっと待って!!!
最短30分で出張見積します

遺品整理では「価値がない」と勝手に判断してしまう可能性があります

ほとんどのお客さんが買取できる商品を見て「これも買取できるの?」ってビックリされます

買取できる商品としては金歯、金縁メガネ、三味線、琴、印鑑、昔のおもちゃ、ブリキ、ダビング用ビデオデッキ、お菓子のおまけ、銀の優勝カップ、カメラ、ミシン、茶道具など

「遺品の整理屋さん」ではいろんなジャンルに出張買取してくれます。電話をかけて最短で30分で見積に来てもらえます

捨てる前にプロに査定をしてもらうと意外な物がお金に化けるかもしれません

\最短30分でお伺いします/
公式ページ