遺品整理

遺品整理について良くある質問Q&Aまとめ

15年で500件以上の遺品整理をしてきた

タケヤンです!

お電話でいただく質問や見積をする際に頂く

「よくある質問」

を一覧にしました
目次から質問を飛ぶとすぐに解決できます

\賢い人は使っている/

パッと読むための目次

遺品整理についての質問

そもそも遺品整理って何?

15年以上遺品整理の仕事をしてきましたが、遺品整理というのは残された遺族へのメッセージだと思います。

特に印象に残っているお客さんがいます

その方は生前は父親と折り合いが合わなかったそうです。
ある日、突然警察から電話があり父が自宅で亡くなっていたのを近所の方がみつけ通報してくれたそうです。

それから葬式や手続きに追われて大変だったそうです

ひと段落したところで
遺品整理に取り掛かろうとしたところ思い出がよみがえって作業が進みません

「もっと父と話しておけばよかった」と後悔の念が強く手が止まってしまいます。
でもそれでいいんだと思います

十分に話ができなかった。だから遺品をとうして故人と正面から対話をしましょう

いつから始めるの?

いつから始めるという決まりはありませんが、賃貸であれば家賃の支払いがあります。持ち家であれば49日から1年以内に整理される方が多いです

査定料金は無料?

ほとんどが査定無料で自宅まで来てくれます。相場を知るため3社に見積をすることをお勧めしています

どれくらい査定時間はかかるの?

規模にもよりますが30分から1時間くらいです

遺品整理の相場は?

遺品整理には「これが基準です」という相場がありません

自分で高いか安いかを判断するため相場を知る必要があります

業者選びで失敗しない方法は?

見積もり時のチェックリストを作りました。
無料でダウンロードできるので、ぜひ使ってみてください

>>>チェックリストはこちらをクリック

業者に頼むメリット、デメリットは?

良い点は遺品の散策や搬出をお願いできます。
デメリットはお金がかかることです

オススメの業者は?

オススメの業者は遺品の整理屋さんです

買取に強い業者は?

遺品整理業者の中でも買取に特化した「買取屋さんグループ」がオススメです

金庫の処分はどうしたら良いですか?

金庫の処分は
まず「捨てる」より「ゆずる」をまず考えましょう

詳しくはこちら↓↓

【遺品整理】金庫は処分よりも譲るのがベスト!近所の人に取りに来てもらう浜屋では引取基準を満たせば、一般の方でも無料で金庫の引取をしてくれます。まず電話で問い合わせしてみましょう。少しでも金庫を軽くする方法もご紹介しています...

人形供養は必要ですか?

人形の処分は頭を悩ます物になります

>>>【超便利】近くに人形供養をしてくれる神社がない場合はネットで解決

仏壇の処分方法

仏壇の処分の処分で
お困りではないですか?

仏壇を処分するには回収業者がオススメです

パソコンのデータ削除の方法

オススメはハードディスクの取外しです↓

遺品整理のパソコンが標的に!? 絶対にしてはいけないデータの流出遺品整理中に出てきた故人のパソコン。データ消去ソフトがない場合はハードディスクを取り外して処分するのが一番です...

パソコンのパスワードが分らない

遺品整理で出てきたパソコンのロック解除

パソコン周りにメモがある確率は高いです↓

【デジタル遺品】パスワードはまずパソコンの周辺場所から探そう【デジタル遺品】故人のパソコンのパスワードを解除する3つの方法 高齢の方は70%くらいの確率でパソコンの周辺にパスワードが書かれた紙があります...

写真のデータ化で写真を整理する

私のオススメはフォトスキャンです↓

【遺品整理】たくさんの写真をデジタル化する方法 フォトスキャン遺品整理の写真をデジタル化する方法はフォトスキャンできまりです。パソコンやスキャナを用意しなくてもスマホ一台で簡単です...

作業当日は立ち会いは必要?

トラブル防止や「いる」「要らない」の判断が必要になってくるためできるだけ立ち合いしましょう

どれくらい日数はかかるの?

これは遺品整理の規模にもよります。
最短であれば半日でもおわりますが、当社では最大3日かかったことがあります

支払い方法は?

昔は現金のみでしたが、クレジットカード対応の会社も増えています

生前整理についての質問

生前整理の目的とは?

昔は「死への準備」と考えられていましたが、今は「遺された人生を過ごしやすくする」ために生前整理をします。

まだまだ認知が足りていませんが。。。。

「捨てる」が難しいなら仕分けをしよう

ほとんどの方が「捨てる」ことに抵抗があると思います

なので

捨てなくて良いです
「使う」「使わない」で分けてみてください

あくまで過ごしやすい生活を送るためです

なぜ実家は物だらけなのか?

物がない世代の方は、本当に物がない時代を体験しています。
なので「捨てる」ということを学んできていません。

残された遺族が途方にくれている姿を何度もみてきました

親の荷物を無理やり片付けてはいけません

物の所有者は誰でしょうか?

他人の物を勝手に捨ててはケンカになります

>>>親の家を片付けたいけどケンカになる方はこちらをクリック

生前整理にオススメの本は?

オススメの本です
この本を読んだら不思議と片づけをしたくなります

物が捨てられない時代がきています

処分費用が年々上がってきています。これは埋め立て地がなくなってきている証拠です。

数年後にはゴミを処分するのに今の倍以上の値段がかかるかもしれません

独立開業についての質問

遺品整理業者は稼げますか?

遺品整理だけだとなかなか難しくなってきてます。
しかし

遺品整理 + 買取
遺品整理 + 海外貿易
遺品整理 + ハウスクリーニング

などプラスなにかを行えば、まだまだ儲かります
下記でも詳しく説明をしています↓

【起業】遺品整理で起業 私は行動力と改善で顧客の信頼を獲得しました遺品整理業で独立開業! 遺品整理の数は年々増加しています。参入障壁が低い分、昔に比べたら業者の数が多くなりましたがまだまだやり方次第では稼げる業界です...

遺品整理に必要な資格は?

民間の「遺品整理士」という資格がありますが無くても遺品整理の仕事を始めることはできます
どうしてもトラックが必要になってくるので、2トン車以上のトラックを運転できる免許があったほうが良いです

遺品の買取を行う場合は「古物免許」の取得が必須です

独立する人は何歳が多い?30代?40代?

私のまわりでは圧倒的に30代の方の起業が多いです

どうやって仕事をとってくる?

今はホームページからの集客がほとんどです
たぶんですが、ホームページをもっていない遺品整理業者はいないと思います

便利屋と遺品整理はどちらが稼げる?

やり方次第だとおもいますが、遺品整理のほうが儲かると思います

オススメの独立方法は?

初期費用はなるべく小さくはじめましょう
私は「遺品整理+買取」をおこなっています

リサイクル市場にも出入りすると業者同士で横のつながりが出てきます

全国の市場情報

アルバイトについての質問

どんな人が行っているの?

この業界は真っ二つに分かれています。

自分の親や親戚の遺品整理をしたことがキッカケでこの業界に入ってきた人は誇りをもって活動されています
とても人柄が良いです。私も人間として尊敬できる同業者はたくさんいます

しかし
参入障壁が低い業界ですので、金儲主義の業者も多いのも事実です
こちらの方の下で働くと、とても大変だと思います

女性でもできるの?

はい。女性でもできます。
男性みたいに重たい荷物はもてませんが、仕分け作業など細かく丁寧な方は重宝されます

身なりは?(髪型、ピアス)

会社にもよりますが、だいたい難しいです

必要な免許は?

2tトラック以上の運転免許を持っていれば重宝されます

作業はきつい?臭いは?

ニュースや新聞などで孤独死が取り上げられていますが、実際はそんなにありません。
※葬儀屋さんから仕事をもらっているとかなりの確率で事故現場があります

アルバイトは稼げる?

だいたい日給で1万円くらいが相場です
※これは都会や地方でわかれると思います。私の会社では日当1万円です

正社員になれる?

会社にもよります。遺品整理業者は個人事業主や小規模な会社が多いです。
なので大きな会社であれば正社員の道があります

しかし仕事を覚えて独立開業したほうが、自由だし儲かりますよ

私の1日のスケジュールは?

当社の場合は朝8時に集合して段取りの確認後、現場がはいっていれば現場に向かい片づけ作業です
小さい現場であれば半日で終わります

仕分け
搬出
積み込み
掃除
点検
集金
の流れです

積み込み後買取した商品の点検や出品作業、ブログ更新、次の日の準備などを行っています

 

 \安心できる業者のみ紹介/ 
 \24時間受付中/ 
遺品整理診断 あたなたはどっち? 

1分診断

遺品整理を業者に頼むべきか診断します

1問目:片付ける家が遠方である

2問目:片付けの期日がある

3問目:平日にまとまった休みが取れる
(ゴミの自己搬入は日祝休みが多い)

4問目:大きな荷物を運べる。人手の確保ができる

5問目:荷物を運ぶトラック(レンタカー)がある

6問目:近くに駐車スペースがある

7問目:階段2階以上から大型家電の搬出することができる(エレベーターなし)

8問目:ゴミの分別や搬入先がわかる

診断結果

自分で行うよりも
業者に依頼する方法を考えましょう

比べて納得!賢い見積方法

もう一度診断する

診断結果

時間をかければ
自分で遺品整理を行う事ができます

自分で遺品整理を行う手順

もう一度診断する

診断結果

自分で仕分けをしてから
業者に依頼しましょう

比べて納得!賢い見積方法

もう一度診断する