遺品整理

私の失敗談 遺品を捨てずにもっといろんな人に分配すればよかった

突然ですがあなたの趣味はなんですか? ゴルフ、コレクション、読書やスポーツなどなど

特に男性は趣味にお金を使うことが多いです。
他人からしたら「えっ、コレがこんなに高いの!?」って思うものにもお金を使います

他の人には価値が分らない物もあります。。。ちょっと悲しいですね(笑)

ですが、もしですよ

もし、あなたが亡くなったら家族はそれが大切な物と気づくでしょうか?興味がない家族が判断することができますか?

今回は親戚や兄弟にもっと形見分けをすればよかったと後悔している「おざきロシア」さんのお話です。

生前整理を少しでもしていれば残された家族の迷いを少しでも減らすことができたんじゃないかと思いました

>>>【初めての方】遺品の処分(遺品整理)を自分で行う方法・手順はこちら

【遺品整理】初めての方に徹底解説 自分で行う方法・手順・進め方このページをみれば自分で行う遺品整理の手順がわかるようにわかりやすく掲載しています。遺品整理を10年以上行ってきた経験から遺品整理の方法をお伝えします...
\賢い人は使っている/

どんな遺品整理でしたか?


父が突然亡くなったため、遺品整理が必要になりました。父は趣味が多く、収集家でもあったので非常も物が多かったのです。

退職してから第二の職場で働いていましたが、通勤用の背広やネクタイなど、退職する前よりもずっと増えていました。また、海外に行っている方が長い仕事だったため、海外で買った物、しかも小物ではなくて大きな、がさばるものが多かったので整理が大変でした。

遺言書などはありませんでしたので、どのように整理するかを考えるのも大変でした。父の部屋は物であふれかえっていました。衣類、書物、作りかけの模型、大工道具、動物のはく製、ビデオ、CD,DVD、切手のコレクション、古いレコード、父が撮影した写真、カメラなどで、実用的なものはほとんどなく、趣味に関するものがほとんどでした。

整理するにあたっては母と娘である自分と2人の妹、弟で話し合って整理しました。特にもめることはなく、欲しいものがあるなら持って行っていいよ、という簡単な感じでしたが、それだけで片付くものではありませんでした。

不動産、現金、貴金属は簡単に相続が終わりましたが
財産価値の低いものに限って遺産整理が大変なのだな、と感じました

家族はみんな近所に住んでいたので集まりやすく、その点は楽だったです。

遺品整理で一番大変だったこと


父の遺産整理で一番大変だったことは、父への思いが断ち切れなかったことです。あまりに突然亡くなったため、「父の死」という現実になかなか直面できませんでした。

そのため、最初の1年は父の物だらけの部屋を何も手を付けずにそのままにしておいたのです。時々窓を開けて風を入れたり、掃除をしなくてはならなかったのでそれも大変でした。

父の部屋にあるものはごみ1つ、下着1枚処分できませんでした。母が一番冷静で、「もうそろそろ整理しないか」という話になると、自分を含め、兄弟が泣き出したりするため、遺産整理が進まなかったのです。

一周忌を過ぎるとさすがに気持ちも落ち着いてきて、洋服は着れそうな人に譲ったり、はく製などは欲しい人にあげたりしました。洋服はともかく、はく製はがさばるし、重いので取りに来てくれる人を探すのも結構大変でした。

また、ビデオなどはもうビデオデッキもないので捨てるしかありませんでしたが、廃棄処分にもかなりのお金を使いました。父はもう絶対使わない壊れた傘も捨てない人だったので大量の傘が物置に入っており、物を大切にするのもいいけれど、使わないものを取っておくと残された人が困ることになる、と考えさせられました。

少しでも生前整理をしていればこんなことには。。。

亡くなった父を慕う気持ちがなくなったわけではありませんが、整理が始まると、かなり勢いがついて整理をしたため、捨ててしまったものが多かったことに後悔しています。

壊れている物は仕方ないにしても、書物などはほとんど捨ててしまいました。保管する場所がなかったわけでもないのに、あまり考えずに処分してしまったことが今でも悔やまれます。

父が生きていたら何て言うだろうなあ、なんて考えだすとつらくなります。カメラや時計など、少し高価なものは父方の兄弟や親戚の人達を呼んで形見分けをすればよかった、と残念でなりません。

業者に頼むとこちらの気持ちはあまり考えず、どんどん処分されてしまうのだろうな、と思いますが、結局はほとんどの物を捨ててしまったのだし、処分するのにも体力、気力をかなり消耗したことを思うと、業者に頼んだ方が結局早いし、楽だったのかな、という気もします。

でも他人に父の遺品を処分されているのを見るのもつらかったと思うので、同じ捨てるにしても自分達で処分して良かったとも思っています。いずれにしても捨てるのは一瞬のことですが、あとの後悔はかなり引きずってしまうので遺品を捨てる時はよく考えて、時間をかけて処分すべきだったと思っています。

この記事を書いた人

おざきロシアといいます。

都内に高齢の母と、猫と3人家族で暮らしています。

遺品整理の大変だったことを教訓にして自分の持ち物を常に整理しておきたいと考えていますが、私も結構物が多いため、なかなか思うようにおさまりません。

タケヤンの一言

タケヤン
タケヤン
少しでも生前整理をしていれば、残された家族がこんなにも悩まなかったかもしれません。。。
▼全国対応▼
 \WEB限定割引あり/ 
捨てるのちょっと待って!!!
最短30分で出張見積します

遺品整理では「価値がない」と勝手に判断してしまう可能性があります

ほとんどのお客さんが買取できる商品を見て「これも買取できるの?」ってビックリされます

買取できる商品としては金歯、金縁メガネ、三味線、琴、印鑑、昔のおもちゃ、ブリキ、ダビング用ビデオデッキ、お菓子のおまけ、銀の優勝カップ、カメラ、ミシン、茶道具など

「遺品の整理屋さん」ではいろんなジャンルに出張買取してくれます。電話をかけて最短で30分で見積に来てもらえます

捨てる前にプロに査定をしてもらうと意外な物がお金に化けるかもしれません

\最短30分でお伺いします/
公式ページ