遺品整理

【遺品整理】悪徳遺品整理業者の裏側大公開!こんな業者を選ぶな!

お客さん
お客さん
遺品整理業者の中にも悪徳業者がいるみたいだけど大丈夫かな?

残念なことに
どこの業界にも悪徳業者はいます

遺品整理業者にも悪徳業者は結構います

それに悪徳業者に依頼した後は
対応が難しいです。難癖をつけて法外なキャンセル料などが発生します

なので業者選びの段階で
なるべく悪徳業者を選ばない」ことが大切です

そこで今回は遺品整理歴15年の私が
悪徳遺品整理業者の手口を大公開します

これをすれば絶対安心ということはないですが
事前に知っておくことで対策ができます

悪徳業者の事例
  • 不当な買取
  • 金品の持ち逃げ
  • 金額の釣り上げ
  • 大切な物を勝手に処分
  • 支払後に連絡がつかない
タケヤン
タケヤン
それはまず悪徳業者を選ばない方法から見ていきましょう↓

\賢い人は使っている/

悪徳業者から自分の身を守る!

基本的なことですが
少しの知識でボッタクリ業者から自分や大切な家族を守ることができます

  • 1社で決めない
  • きれいなHPで判断しない
  • 必ず書面で見積書をもらう
  • 見積もりは複数人で立ち会う
  • ナンバーやスタッフを写真を撮る
  • 電話であれば録音アプリを使用する

1社は絶対にしてはいけません
3社見積で相場が理解できます↓

【選び方】あなたにピッタリな遺品整理業者を選ぶための4ステップ遺品整理業者にお願いする方法や気を付ける点をまとめています。自分で遺品整理がでいないと判断したら無理せずに業者におねがいしましょう...

それでは実際の悪徳業者の手口を見ていきましょう↓

悪徳業者の手口 追加料金

昔からある典型的なトラブルですね

見積時に何度も確認したにも関わらず料金をあげてきます

悪徳業者
悪徳業者
見積時にはこれくらいでつめると思ったんですが、トラックがもう2台必要になります。追加料金として15万円ほどいただきます

なんて平気で伝えてきます

いやいやいやオタクはプロでしょ?
見積ミスはオタクのミスで私のミスじゃないでしょ?

って突っ込みたくなるところですが
悪徳業者は絶対に引き下がりません

ケンカしても意味はありません
熱くならず冷静に対応しましょう

今できる事をするんです↓

対策
  • 必ず見積の書面を取る
  • 電話の内容を録音する
  • 名刺やチラシを取っておく
  • 車のナンバープレートをメモ
  • ボイスレコーダーなどで証拠を集める

今はスマホで簡単に録音できます↓

ボイスメモ

ボイスメモ

Apple無料posted withアプリーチ

後日、消費者センターや警察に相談しましょう。そういう会社はきちんと免許を取っていない場合があるので営業停止に追い込めます

悪徳業者の手口 金品の持ち逃げ

お客さん
お客さん
全部処分でお願いします

なんて言っていませんか?

ホコリだらけになるので立会は避けていませんか?

これは
悪徳業者の思うツボです

悪徳業者
悪徳業者
作業時は殺伐としますしケガをするかもしれませんので立会は不要ですよ

って悪徳業者は半ば強制的に立会を拒否します

なぜならお金には名前が書いていないから!

遺品整理は基本立会が必要です。なぜなら現場スタッフでは判断できない物が必ず出てくるからです。確認が面倒な業者はそのまま処分してしまいます

対策
  • 必ず現場には立ち会う
  • 立会不要を強要する業者は怪しい

悪徳業者の手口 不当な買取料金

悪徳業者
悪徳業者
これは価値がないので処分しときますね

ってゴミとしてもちかえり、業者が転売するケースです

これは自分で価値判断ができれば良いですが骨董や趣味の物は自分では判断がなかなか難しいと思います

対策

買取に強い業者に依頼する
片づけ専門の業者だけに頼まない

オススメは遺品の整理屋さんです

勝手に処分された!けど連絡がつかない!

お客さん
お客さん
業者が勝手に処分したものを取り返したい

と電話をしてもつながらないケースがあります

悪徳業者は悪い事をしているという自覚はあります

なので「お金をもらった後のクレームは受け付けない」という対応をとります

いわゆる着信拒否ですね

それか電話にでても

永遠に「今は担当者が不在です」
という業務的な回答があるばかり…

業者の所在地や証拠があれば
警察は対応してくれると思いますが、金銭トラブルは警察は動いてくれません

タケヤン
タケヤン
ここまで悪質だと取り返すのはなかなか難しいので泣き寝入りするかたが多いのが現状です
対策
  • 口約束はしない
  • 立会は必ず行う
  • 張り紙や保存品と書く

大手なら安心?でしょうか?

今はどこの会社もホームページを持っています

パッと見ると
「ページはスタイリッシュでオシャレ、そして安心感があります」

ホームページ制作は業者に依頼すれば
20万円くらいで見栄えが良くて好印象な物ができます

ボッタくっている会社は何千万と売上があります。下手すれば億の売上があります
きれいなホームページを作って集客すれば簡単にペイできます

なので
安易にキレイなサイトの業者を選ばない方が良いかもしれません

タケヤン
タケヤン
業者選びは自分で見積をとり自分で判断するしかない!

絶対に1社で決めない

相場がわかならにので1社で即決しないことです

回収料金の高いか安いかの判断が自分では難しいと思います
3社比べることで自分にあった業者を選ぶことができます

自分にあった最適な業者を選ぶ方法↓

【選び方】あなたにピッタリな遺品整理業者を選ぶための4ステップ遺品整理業者にお願いする方法や気を付ける点をまとめています。自分で遺品整理がでいないと判断したら無理せずに業者におねがいしましょう...

まとめ:悪徳遺品整理業者の裏側大公開!こんな業者を選ぶな!

悪徳業者の手口はだいたい決まっています

ちょっとでも怪しいなって思ったら反撃するのではなく情報を集めましょう

情報があれば消費者センターや警察も動いてくれます。あなたの見方はきちんといますよ

\実際に業者を使った口コミ/
\作業効率をグンッとあげる/

遺品整理の手順

自分で行う

【ステップ1】まずは現状把握
トラブル回避のため全員で下見をしよう

【ステップ2】やる事リスト
無駄な作業を減らすためやる事リストを作成しよう

【ステップ3】スケジュールを作成
「いつまでに片付ける」を決めると日程が組みやすい

【ステップ4】片付ける
片づけにも優先順位があります

【ステップ5】ゴミの出し方
少しの手間で処分料金は安くなります

→ 遺品整理に必要な道具

業者に頼む

【ステップ1】業者の得意分野を知る
1社即決は絶対ダメ!比べる事で業者の違いがわかります

【ステップ2】3社見積をオススメ
ポイントは他業種を含める事です

【ステップ3】査定時にみるポイント
金額だけで判断しない

【ステップ4】比較検討する
最終的な決定は自分で判断しましょう

→ 業者の料金相場と実際の口コミ