遺品整理

【悪用禁止】買取専門店の無料査定を利用してヤフオクで高く売る方法

遺品整理をしていたら
価値があるものがでてくることがあります

こういった商品は業者に売るよりも
ヤフオクを使った方が高く売れます。なので業者の無料査定を使わない手はないんです

お客さん
お客さん
え?ヤフオクを使うのに
業者を利用するの?

って思われる方もいらっしゃると思います
安心してください

業者の無料査定を使うことが
今回のポイントになります

このページでは

大量の遺品整理の中かから
価値あるものを探し出し

効率よくヤフオクに出品したい人のためにちょっとしたコツを紹介しています

この方法を利用することで
価値ある遺品を効率よく見つけることができます

詳しく説明していきますね↓

プロの査定を利用して仕分けしてもらう

大量の遺品を前にして
どれが価値があるものか判断に迷いませんか?

やみくもにヤフオクに出品しても

全く売れなかったり
思ったような値段がつかない事があります

遺品整理の最中は
片づけに追われていて時間がありません

そこでプロの査定能力を借りましょう

ほとんどの買取専門店や
リサイクルショップは無料査定を行っています

この無料査定を上手に利用して
ある程度、ヤフオクで売れる商品と
売れない商品を判別していきましょう

こうすることで
ヤフオクで高く売れる商品もわかるし
発送が難しい商品はそのまま買取してもらうことができます

一石二鳥です

良くある失敗や勘違い


ご存じの方も多いと思いますが
ヤフオクはオークション形式です

日本全国にたった2人ほど
猛烈に欲しい人がいれば
予想をはるかに超える値段で売買されます

しかし全部を出品すれば良かったと
勘違いする方もいらっしゃいます

記事の最後の体験談を語っている「Nさん」もその一人です

「ネットに出品していれば」と後悔しています。しかしやみくもに出品しても途中で挫折していたはずです

なぜなら
すべての物がネットで高く売れるとは限りません

また時間や労力がとてもかかるからです

出品、取引、梱包、発送、評価、クレーム対応

ヤフオクはたくさんの工程があります
それに売り方を間違うとずっと売れません

効率良くヤフオクで売れる商品を探すために

タケヤン
タケヤン
無料査定を使って
価値あるものを専門業者に仕分けをしてもらう事です

 

買取専門店に無料査定してもらうデメリット


あくまで買取専門店には
「買取依頼」という名目で査定に来てもらいます

なので買取専門店は
ボランティアではなく仕事です
買取できるものを探すのに必死です

買取依頼を断ると
しつこい営業トークがあるかもしれませんし
後日、営業電話があるかもしれません

敵を作らない断り方
お客さん
お客さん
ちょっと金額に納得いかないので今回はお断りします
お客さん
お客さん
親戚が欲しいと言ってきたので今回はお断りします

断るときは意思表示をはっきりしましょう。あいまいだと業者はそこをついてきます

また「金額に納得がいかない」と伝えると「〇〇円だったらどうでしょうか?」と歩み寄ってくる可能性もあります。その場合はヤフオクで売れる金額との開きや取引の手間などを考えて買取専門店に売ってしまうのも一つの方法です

今回のテクニックの流れ

①まず無料見積を行う
②中古相場を把握する
③自分でネットの相場を調べる
④売買後の梱包や発送を考える
⑤値段が変わらない物を選ぶ
⑥ネット不向きの物を買取業者に売る
⑦値段が高いものを自分で売る

詳しくみていきましょう

①まず買取専門店の無料査定を行う

まったく価値が分らない人が
ヤフオクに出品すると上手にいきません
貴重な時間と労力が無駄になってしまいます

これを避けるために
買取専門店に見積を依頼して
どれが売れる、どれが売れない
という選別をしてもらいましょう

プロは短時間で膨大な遺品の中から価値あるものを仕分けてくれます

>>>最短30分で出張見積!なんでも買います【買取屋さんグループ】

\電話1本で無料査定/

この段階では
あくまで査定をしてもらいます

見積査定を電話でお願いする時のポイント

この日は見積のみです
査定してもらって後日、親戚と相談して買取してもらうかどうか決めたい」と伝えましょう

 

②中古相場を把握する

買取専門店に見積をしてもらったら価値がある商品がわかりました

膨大な遺品の中から「売れる商品」を見つける手間が省けました

次にあなたが行うことは
ヤフオクで高く売れる商品を探すことです

お客さん
お客さん
中古相場なんてわかんない

という方もオークファンで簡単に過去の落札相場を調べられます

料金検索期間
ゲスト(登録なし)無料3か月
無料会員(登録あり)無料6か月
ライト会員月300円10年
新プレミアム会員月908円10年

無料会員登録をすると6か月分の過去の取引が見れます

有料のライト会員、プレミアム会員なら過去10年分の取引がみれますが遺品整理のために調べるだけであれば無料会員で十分です

スマホで無料会員登録して過去相場を調べましょう

\スマホで簡単に相場が調べれます/

詳細ページ

プロも使っている「いくらで売れるか」を調べる方法 遺品整理オークファンを使うことで過去の取引結果から中古相場を予測することができます。貴金属は町の買取店が買取した商品を持ちこむ所です。中間業者を挟まず直接ネットジャパンに持ち込みましょう...

③自分でネットの相場を調べる

家電製品の場合であれば型番を打ち込み検索してみましょう

調べ方のオークファンをみるコツとしては

新品未開封の商品は過去の取引の1か月くらいが参考になります。発売当初の値段は高いですが発売後急激に値段が下がる事が多いです

1か月前の取引は4000円なのに

6か月前は1万円で売れてるという事例は結構あります

1万円で売れるならと思っても新品相場は新しい類似商品がでたら値崩れが激しいの注意が必要です

商品の状態もチェックしましょう
新品で売られているものは高いです
コレクションものは汚れ具合やダメージによって大きく値段の開きがあります

なるべく自分の売る商品と過去のオークション商品の状態が同じような価格を参考にしましょう

④売買後の梱包や発送を考える

ネットで高く売れるにしても梱包がとても大変だったり発送自体ができないこともあります

精密機械や音響機材は発送中の事故が多いので注意が必要です

⑤買取専門店に売る もしくはキャンセルする

買取業者に売りましょう

ネットと出品する手間を考えてそんなに値段に開きがないものは買取業者に売りましょう
また発送困難な商品も買取業者に引取りしてもらったほうが無難です

ネットで高いくれるものは、後日ゆっくり出品しましょう

遺品整理の最中に出品すると
とても大変です

ネットで売る場合は出品、取引、梱包、発送、評価、クレーム対応などたくさんの作業があります

後日ゆっくり時間がある時に出品するようにしましょう

まとめ

買取専門店に見積してもらうことで
どの商品が売れるかが把握できます

その中でネットで高く売れるものをオークファンを使って探しましょう

あまり値段に開きがない場合や
発送が難しい場合は、買取専門店に売却しましょう

この方法を使うと買取業者は値段交渉をしてきます

どちらにしても中古相場を把握すると
グゥーんと交渉しやすくなりますよ

>>>最短30分で出張見積!なんでも買います【買取屋さんグループ】

\電話1本で無料査定/

Nさんの遺品整理での失敗

父が5年ほど前に亡くなり、昨年母も2か月の入院の後に亡くなりました。

残されたものは32坪ほどの二階建て家屋と物置小屋

部屋数は一階が2つ、二階が和室1、洋室が2、納戸として使用していた小さな部屋がひとつです

一階部分は生活拠点として使用していたので
整理整頓してありました

問題は二階の3部屋にモノがあふれていました

帰省するたびに
実態を確認し母にはそれとなく片付けを勧めていました

が、変化なし

和室に大量の布団、シーツ、タオルケット、バスタオル、未使用の風呂敷、ハンカチ、石鹸等が部屋の50%ほどを占め、押入れからもはみ出ていました。

2つの古いタンスには母の着物、父の浴衣に混じって大量のサラシやガーゼなどが。床の間には父が一時凝っていた帆船と製作に使った材料。

その間には
日本人形や大小のコケシ
各地の土産店で売っている置物が雑然と並べてありました

2つの洋室には
大型本を含む200冊以上の本
レコードが100枚ほど
アルバムが10冊以上
アルバムに貼り切れない写真が
ダンボーボールにひとつ

父が一時凝ったカメラで写した
花の写真が入った額縁が大小合わせて50個ほど

いずれもバラバラに置かれていました

極めつけは札幌雪祭りを中心とした絵葉書群でした
札幌雪祭りは、数十年前から途中切れることなく、毎年分のがありました。プラス、日本全国の絵葉書です。

母の趣味は
ペーパークラフト、20年ほど前にやめましたが
一時は生徒さんが数人いる状態でした

その時使っていた
道具と材料が別室に乱雑に残されていました

中には未使用品もありました

ふたりとも趣味に生きた時がありましたが
年を重ねるうちに遠のいていったのです

納戸にはキャンプ用品と登山用品
ゴルフセットが2つ。ほとんどプレイしたことがないのに、二人分そろえてました

パークゴルフのクラブも2本ありました
他にもたくさんの品々が二階中の部屋に溢れていました

遺品整理で一番大変だったこと


これら大量の品々の整理を
私達夫婦が処理したことが大変でした

自分たちで処理した理由は
経済的な問題と時間の問題でした

私が給料生活をリタイアし
母の家の近くに定住することになりました

その矢先に母が倒れ
入院生活も短く比較的早くに亡くなりました

残された家や
土地の価値はほとんどなく
長男である私が引き受けることになりました

片付けを業者さんにお願いしようと思いましたが
サークル仲間に聞くと
この実態では50万を超えるのではないかということでした。

我が家の事情を知っているのか知らないか、あやしげな業者からの電話もきます

退職して時間だけはタップリあるから
妻とふたりで時間をかけて片付けようと決めました

ホンダスパイク1500ccの
後部座席に処分する品々を積んで
10キロほど離れた市のごみ処理センターへ運びました

ワゴン車に積める品数に限界があります

大量には運べません

1日に数回往復します

一回の金額は1000円を超える程度。重さによって金額が変わります。

実家に通っての整理ですから
時間はあるけどけっこうキツいのです

往復した数は記録していませんので不明です

自宅→実家。実家→ゴミ処理場。ガソリン代もバカになりません

ゴミ処理場の担当の方に
名前と顔を覚えてもらうほど通いました

なんとか部屋らしくなりましたが
完全にきれいな状態になっていません

捨てるべきか、取っておくべきか迷う品はまだ置いてあります

空き家となった実家を
売るとか貸すとかの状態には今のところありません

中途半端な状態です
これがプロの仕事と素人の仕事の差なのでしょうね

大量商品を売る際の勘違い

今回の遺品整理で失敗したことはたくさんあります。

中でも最大の失敗は
本や両親の趣味の品々をブッ●オフ、ハー●オフに持っていったことです

『両オフ』には何度も足を運びました

藤沢周平や池波正太郎の時代小説が一度きりしか読まれていない状態のものでも、数十冊で時には100円、よくて200円

当時数万円もした美術全集はほとんど価値なし

落語関係、書道の本も価値なし

母の編み物、籐のかご、ペーパークラフト本等の趣味の本もまとめて10円ほど。

大量の食器類は
「値段をつけるまでお待ちください」と言われ
期待をしたのですが100円を切りました

あれは値付けではない
数を数えただけだ

イヤ、目算かもしれません
ノリタケやロイヤル・ボーンチャイナも数点あったはずです

ゴルフセットは1セット10円でした
レコードはキズの有無で判断するのでしょうか、こちらも1枚数円です

10円に満たないのですヨ
しかも、傷をチェックした様子がない

実家のモノを減らすのだからしょうがない
と割り切りました

ところが
しばらくして息子に事情を話したら
ネットオークションではもっと高かったのでは?との疑念が…

調べてもらったところ
アシ●クス製パークゴルフのクラブは
キズが確かにありましたが
同じ型番で5000円以上

母のあまり履いていない
やはりアシ●クスのウオーキングシューズが
3000円以上の平均落札価格です

レコードにいたっては
カラヤンのものが
平均すると2000円近くで取引きされています

こけし人形、鉄瓶、キャンプ用ガスストーブ、ランタン、母が使ったアートフラワー用の各種道具もけっこうな値がついています

手続きを息子にやってもらえば
そんなに難しいことではなかった

息子に聞くと、遺品整理会社は遺品の価値をきちんと査定してくれるそうです

高いと感じた遺品整理は
価値ある品を担当の方に区分けしていただき
息子にネットオークションにかけてもらったら結果的に安くすんだのでは?

気力・体力を使い果たした
私達夫婦の作業量を考えると
絶対にそちらが安いと確信しました

今となっては後の祭りですけれど…

この記事を書いた人

Nさん
定年退職後、母が一人で住む近くに居を定めました。

転勤族で実家には年に数回の帰省。今度は母の面倒を見られると思ったのもつかの間、母は1軒家を残して亡くなりました。残された遺品整理、たくさんある時間を使って妻とゆっくり片付けようと取り組みました。価値のないモノと決めつけたものが、ネットオークションにかけると高く売れることを知りました。プロに聞くと簡単に正しい価値を知ることができる。今となっては自分の判断の甘さに忸怩たる思いです。

タケヤンの一言

タケヤン
タケヤン
ぜーんぶヤフオクに出品しようとしたら終わりは見ないです。上手に買取専門店を利用すれば後悔することがなかったかもしれません
捨てるのちょっと待って!!!
最短30分で出張見積します

遺品整理では「価値がない」と勝手に判断してしまう可能性があります

ほとんどのお客さんが買取できる商品を見て「これも買取できるの?」ってビックリされます

買取できる商品としては金歯、金縁メガネ、三味線、琴、印鑑、昔のおもちゃ、ブリキ、ダビング用ビデオデッキ、お菓子のおまけ、銀の優勝カップ、カメラ、ミシン、茶道具など

「遺品の整理屋さん」ではいろんなジャンルに出張買取してくれます。電話をかけて最短で30分で見積に来てもらえます

捨てる前にプロに査定をしてもらうと意外な物がお金に化けるかもしれません

\最短30分でお伺いします/
公式ページ