遺品整理

【読んで納得!】一軒家、マンション、市営で遺品整理の注意点が違う

遺品整理では
一軒家や市営住宅、マンションで注意点が違ってきます

結論をまとめると

注意点
一軒家泥棒対策
水道管の破裂
集合住宅管理人によりルールが違う
市役所のチェックは厳しい
マンション共有部分に注意
誰の物か確認
エレベーターの使用許可

遺品整理では事前に知っておくことで
回避できるトラブルががほとんどです

遺品整理を15年やってきた
私の事例をもとに書いていますので参考になると思います

ぜひ最後まで読んでトラブルを回避してください

自分で行う遺品整理を5ステップでご紹介しています↓

もう迷わない遺品整理を自分で行う5ステップ自分で遺品整理をする方法を1から徹底解説!自分で効率良く遺品整理をするためには知識が必須です。方法や手順を把握することで無駄な作業がグンと減ります...

遺品整理の注意点 一軒家は長期化しがちです

家賃がかからないので
「片付けは後でいいや」と思い遺品の整理が遅れがちです

しかし毎年のように固定資産税もかかりますし、売却の事を考えたら荷物の整理もしなければいけません

他の家族が住んでいる場合は問題はないのですが長期間、空き家にする場合は注意が必要です

  • 放火
  • 害虫
  • 泥棒
  • 家の劣化

のリスクが高まります

私は遺品整理を15年以上行っていますが
「泥棒に入られたので急いで遺品整理業者にお願いした」という依頼が毎年のように数件必ずあります

泥棒は許せない行為ですが
しかしこれは「避けられた被害」だと思っています

誰でもできる空き家対策
  • 死角をつくらない
  • 防犯カメラをつける
  • センサーライトをつける
  • 合鍵を玄関近くにおかない
  • 庭の視界を遮るものを片付ける
  • 郵便ポストは定期的に片付ける
  • 侵入する足場となるものを置かない
  • 長期不在を知らせる郵便ポストをふさがない

私がオススメするのはダミーの防犯カメラです

本物の防犯カメラは高いですが
ダミーの防犯カメラは2000円前後で購入でき設置もとっても簡単です↓

スキをみせたら泥棒にやられますが
防犯対策をしている」というアピールをすれば泥棒は勝手に逃げて行ってくれます

山間部の一軒家は凍結に注意

実際にあった話ですが、家の中の水道管が破裂してしまいビショビショになってしまった家の片づけに入ったことがあります

運が悪い事にバスルームが2階に設置されていたんです

そこが冬の凍結で破裂してしまったんです

玄関を開けた瞬間からカビの異臭が強烈でした

床が抜け落ちてしまう状態で歩くのも怖いくらいです

本来であれば家の売却を予定されていたそうですが、解体しなければいけなくなったそうです

水道管の元栓さえ閉めていさえすればこんな事態にはならなかったと思います

タケヤン
タケヤン
長期間不在で冬を越す際は水道の元栓を必ず閉めましょう

五右衛門風呂のスミで一軒家が真っ黒け

何年も家の中を放置していまった結果、スミで家の中が真っ黒になってしまった家を片付けたことがあります

「なんでこうなったの?」っていうくらい灰ダラケの家でした

もちろん買取できる商品もありましたが灰ダラケでは買取も難しく…

なにがおこるかわからないので、片づけを何年も放置してはいけません

遺品整理の注意点 市営住宅は役所のチェックが厳しい


市営住宅は退去時のチェックが厳しいです

ほとんどが
入居時の状態に戻して退去する「原状復帰」を求められます

壁の釘、照明、カーテンレール、水道メーター内、地下倉庫やベランダ下などは要チェックです。市役所の担当者の立ち合い日までキレイにしておかなければ受け付けてくれません

立会日も市役所がお休みの日曜日、祝日は対応してくれませんので平日に立ち会いができるよう調整しましょう

ウッカリ捨ててしまったというミスを避けるため遺品整理に入る前に撤去しなければいけない物、残さなければいけない物を確認して作業に取り掛かりましょう。

確認しておきたい事

  • 網戸
  • 風呂釜
  • コンロ
  • ガス給湯器
  • ドアフォン
  • ウォシュレット
  • 物置(地下)

風呂釜を取り外した際は通気口をふさがないと虫や雨が入ってきます。

入居時に取付したのが残っていれば問題ないですが、もしなければべニア板を購入して作成しなければいけません↓

タケヤン
タケヤン
分らない事があればすぐに市役所に電話をして確認を取りましょう

市営住宅は柱のクギも要チェック

前述のとおり市役所の立会は日曜日や祝日は立会ができません

どうしても立会ができない場合は
後日、市役所の方だけでお部屋をチェックする場合があります。その場合はほとんどの確率で注文がきます

こないだあったのが
柱にクギがうってあるので取りはずしてください

っていう電話がありました

私は仕事で遺品整理をしているので大丈夫ですが、これが遠方の方だったら大変です。クギを抜くだけにまた行かなければいけません

タケヤン
タケヤン
市営住宅はクギも要チェックです(笑)

遺品整理の注意点 マンションは隣人や管理人を味方にしよう


マンションでは
共有部分、搬出ルート、車の駐車位置に注意しましょう

特に荷物の搬出では
エレベーターを何度も利用する事になります

混雑時の朝や夕方は
避けるようにしたいですね

また搬出作業前に
管理人さんにご挨拶して「エレベーター使用」の張り紙をはらせもらうと良いです

エレベーターの張り紙の見本はこちら無料で使用できます↓

チェックリストこんなチェックリストがあったら嬉しい! そう思って遺品整理業者3社が集まってチェックリストを作成しました! これから遺品整理...

共有部分で注意したい事は傷の有無です

いつその傷ができたのかが問題になってきます

もし作業前にエレベーター内で傷を発見したら必ず写真を撮っておきましょう

良く傷がつきやすい個所としては

・エレベーター内
・廊下の曲がり角
・エレベーター出口

になります。心配な方は、この部分に要注意して養生をしましょう

段ボールとエアーキャップが一緒になった巻きダンがあれば重宝します。
養生にも使えますし、あまれば壊れ物を梱包するのにも使えます↓

 

もし厄介な住人や管理人がいる場合

搬出作業中に
騒音やトラックの駐車位置、ホコリや臭いに対してクレームをつけてくるような住人が要る場合は注意が必要です

作業前に菓子折りなどもって挨拶をしにいくとか、管理人さんにタバコやジュースをもって「相談にのってもらう」など数千円の出費がトラブル回避につながります

タケヤン
タケヤン
たった数千円の「菓子折り作戦」ですが費用対効果は大きいですよ

もし作業中にクレームが入ったら
全部の作業が一時ストップします

そうなるとゴミ搬入の時間やレンタカーの返却時間など時間をずらすことになり費用がさらにかかってきます。

事前にトラブルメーカーを味方にすることで作業がスムーズになります

マンションの注意点 エアコン、手すりは大家さんの物?

マンションの遺品整理では
遺族が初めてそのお部屋に入る場合があります

そうなると
入居前からあったものと
故人が購入したものかがわからない場合があります

事前に大家さんや管理人さんから注意があれば問題ないですが、依頼主の勝手な判断でエアコンを取り外してしまったらトラブルになります

いや~、あの時はビックリしましたね~

新しいエアコンだったので4万円くらいで買取させてもらいました。その金額は処分代から引かせてもらっています

しかし大家さんが気づいたのはエアコン撤去して私が持ち帰った後だったんです。

大慌てで依頼主から電話がありエアコンを返しに行きました

取付の工賃、買取金額の返金など依頼主に大きな負担がのしかかりました

タケヤン
タケヤン
事前に大家さんに確認をすれば防げたトラブルでした

マンション7階 エレベーター使用禁止!

マンションはたくさんの人が住んでいます
8階立てのマンションでしたが7階のお部屋を片付けに入りました

いつものように作業をしていると
管理人さんが目くじらを立てて怒鳴り散らしてきたことがあります

なぜならエレベーターの使用許可はとっていたのですが遺品に臭いがついておりマンション住民から「エレベーター内が臭う」とクレームが入ったからです

実はそのお部屋は
冷蔵庫から発せられる臭いがすごかったんです

しかしまだ3LDKの荷物を出し始めたばかりです…

3階や4階ならまだしも7階ですよ!

エレベーター使用禁止となると絶対に大幅に作業日程がずれます

しかたなく同業者の仲間に協力依頼をして非常階段から搬出する事になりました

夏の炎天下の作業です
終わったころには皆クタクタでしたね

タケヤン
タケヤン
臭いが強い場合はエレベーター使用可能かどうか確認が必須!業者に依頼しても階段とエレベーターでは倍以上作業料金が違ってきます

現金発見率80%以上 遺品整理業者を依頼する際は必ず立ち会いましょう

遺品整理を15年やってますが
現金で1500万円でてきたことがあります

この時は本当にビックリしましたね

本棚に100万円の束が挟まっていた時には「これはオモチャのお金かな?」って思いました(笑)

他にもいたるところからお金がでてきました

家の外見からすると
どこにでもあるような普通の一軒家でしたが

 

親族に話を聞くと生前は国家公務員だったそうです

いや~、お金を持っている所はもっているんですね

もちろん現金は遺族の方にお渡ししました

これが社員ではなくアルバイトスタッフだったら…

利益重視の悪徳業者だったら…

こんなことがおこりえるので

タケヤン
タケヤン
業者に依頼する際、作業当日は必ず立ち会いましょう

まとめ:遺品整理の注意点が違う

いかがだったでしょうか?

注意点対策
泥棒対策
水道管の破裂
防犯グッズは効果あり
水道管の元栓は閉める
市役所のチェックは厳しい分らなければ電話確認
共有部分に注意
誰の物か確認
エレベーターの使用許可
大家さんや管理人を味方にする
大家さんに撤去不可の物を確認
エレベーター使用許可の確認

ちょっとの事ですが
遺品整理では事前に知っていると対策することができます

少しでも参考になれば嬉しいです

それでは!

遺品整理の手順

自分で行う

【ステップ1】まずは現状把握
トラブル回避のため全員で下見をしよう

【ステップ2】やる事リスト
無駄な作業を減らすためやる事リストを作成しよう

【ステップ3】スケジュールを作成
「いつまでに片付ける」を決めると日程が組みやすい

【ステップ4】片付ける
片づけにも優先順位があります

【ステップ5】ゴミの出し方
少しの手間で処分料金は安くなります

→ 遺品整理に必要な道具

業者に頼む

【ステップ1】業者の得意分野を知る
1社即決は絶対ダメ!比べる事で業者の違いがわかります

【ステップ2】3社見積をオススメ
ポイントは他業種を含める事です

【ステップ3】査定時にみるポイント
金額だけで判断しない

【ステップ4】比較検討する
最終的な決定は自分で判断しましょう

→ 業者の料金相場と実際の口コミ