遺品整理

【遠方依頼】実家の遺品整理で片付けに3日しか帰省できません

こんにちわ
遺品整理を行って15年目のタケヤンです

質問をいただきました

お客さん
お客さん
実家の遺品整理を行う事になったのですが、広島の実家の片づけに3日しか帰省できません。段取り良く行うにはどうしたら良いでしょうか?
タケヤン
タケヤン
こういう質問は良く頂きます。時間がないのでできるだけ片づけの時間を取りたいです。そのために帰省前に準備をしましょう

ということで、この記事では

3日しか立ち会えない遺品整理の方法

についてご紹介していきます

【対象】
  • 遠方の実家を遺品整理をするあなた
  • 悔いを遺したくないあなた

に向けて
帰省前の準備から
帰省1日目の手順を説明していきます

【帰省前にできる事】
補助金の有無を確認

3社に見積予約
(1社で即決しない)【帰省1日目】
関係者全員で家の中を確認

貴重品の有無の確認

形見分け

見積立会【2日、3日】
作業立会

このような流れで説明していきます

それでは詳しく見ていきましょう↓

遺品整理の補助金の有無を確認

市によっては
遺品整理の片づけで補助金がでるところがあります
(実施されてるところは少ないですが…)

長野県の事例

片付ける地域の市役所のホームページで確認ができます
ぜひ確認しましょう

手続きが面倒ですが
かなりの金額補助がでます

実際に補助金を上手に利用して
遺品整理をした経験談はこちら↓

【遺品整理】家の片づけで市の補助金がでるかチェックしましょう補助金の申請は面倒で大変です。しかし助成金がでる市区町村は少ないですがかなりの金額を補助してくれます。片づけをする家の市区町村のホームページで助成金の案内があるので確認してみましょう...

3社に見積依頼 絶対に1社で決めない事です

3社に見積予約を取りましょう

見積に立ち会える日にちと
作業希望日を伝えましょう

そして大事なのは

作業希望日に作業ができるか

です

自分にあった業者を選ぶ方法↓

【選び方】あなたにピッタリな遺品整理業者を選ぶための4ステップ遺品整理業者にお願いする方法や気を付ける点をまとめています。自分で遺品整理がでいないと判断したら無理せずに業者におねがいしましょう...

電話依頼 もう業者との駆け引きが始まっています

遺品整理の見積もりに
かかる時間は約30分から1時間くらいです

電話で

 

お客さん
お客さん

〇日の15時から
15時30の時間でお願いしいます

16時30分から
他の業者が来るのでそれまでにお願いします

 

と伝えましょう

このトークのメリット

半日で複数社の見積が取れる
相見積の事をそれとなく伝えれる
手を抜かず見積金額を出してくれる

事前に伝えているので
どれだけ見積が長引いても
他の業者が来れば早く帰ってくれます

嫌味なく
「他社にも見積を取っている」と
伝えれるので先制パンチをお見舞いしてあげましょう(笑)

【帰省1日目】まず関係者全員で下見

この時に全員で下見をして
貴重品や形見分けの相談をしましょう

【遺品整理】「へそくり」はこんなところにの隠されている遺品整理では良く現金が出てきます 私は15年間遺品整理を行ってきましたが何気ないところから現金が出てきます 特に注意してみて...

見積立会

ここでは営業マンと交渉バトルです

コツは自分の弱みを見せない事です↓

【誰でもできる】交渉上手になって遺品整理を安くする コツは4つ遺品整理の交渉を上手に行えば 10万円以上も安くなる事が珍しくありません このテクニックは 誰...

作業当日

作業当日は必ず立ち会いましょう

スタッフでは判断できない物が出てくることもあります
必要なものと不要な物を判断できます

また遺品整理では
現金が良くでてくることがあるので必ず立ち会いましょう

まとめ:【県外依頼】実家の遺品整理で片付けに3日しか帰省できません

遺品整理に3日しか立ち会えない場合は
事前に見積予約をしておくことがポイントになります

電話での依頼時からすでに業者との交渉は始まっています

上手に交渉して悔いのない遺品整理をしましょう

【誰でもできる】交渉上手になって遺品整理を安くする コツは4つ遺品整理の交渉を上手に行えば 10万円以上も安くなる事が珍しくありません このテクニックは 誰...

遺品整理の手順

自分で行う

【ステップ1】まずは現状把握
トラブル回避のため全員で下見をしよう

【ステップ2】やる事リスト
無駄な作業を減らすためやる事リストを作成しよう

【ステップ3】スケジュールを作成
「いつまでに片付ける」を決めると日程が組みやすい

【ステップ4】片付ける
片づけにも優先順位があります

【ステップ5】ゴミの出し方
少しの手間で処分料金は安くなります

→ 遺品整理に必要な道具

業者に頼む

【ステップ1】業者の得意分野を知る
1社即決は絶対ダメ!比べる事で業者の違いがわかります

【ステップ2】3社見積をオススメ
ポイントは他業種を含める事です

【ステップ3】査定時にみるポイント
金額だけで判断しない

【ステップ4】比較検討する
最終的な決定は自分で判断しましょう

→ 業者の料金相場と実際の口コミ